コラム
» 2019年05月29日 20時00分 公開

人間の心をザワザワさせるNetflix「リラックマとカオルさん」 カオルさんの性格は「闇」なのか?(1/2 ページ)

かわいいリラックマを見て癒やされる10分間……ではないのである!

[しげる,ねとらぼ]

 Netflixでの配信開始以来、「リラックマとカオルさん」が人間の心をざわつかせ続けている。無理もない。かわいいリラックマのショートアニメを見て癒されよう……と思って第1話を再生すれば、その内容は「中小規模の商社に務めるアラサーの女性が友達と花見をやろうとして重箱に弁当を作るものの、友達たちからは次々にドタキャンの連絡が入り、ヤケクソ気味にリラックマたちと花見をする」というもの。まあ正味、キツい。

リラックマとカオルさんとしげる ライターしげるが恋愛や人間について考える連載、今回のお題は「リラックマとカオルさん」

 あらためて説明しておくと、「リラックマとカオルさん」はタイトルの通り、サンエックスのキャラクターであるリラックマが出てくるストップモーションアニメである。1話10分ちょっととコンパクトで見やすく、なるほどこれは仕事帰りとかに大人が見る癒やしアニメ的な内容なのかな……と思いきや、内容はかなりハードかつソリッド。落ち着いた雰囲気の中にギラリと悪意が光る内容は、脚本の荻上直子(「めがね」とか「かもめ食堂」とかの人ですね)の面目躍如だ。制作期間は2年、撮影期間は7カ月とのことで、そんなに時間をかけてこんなアニメを……という恐怖すら感じる。

リラックマとカオルさんとしげる メチャクチャ凝って作られているストップモーションアニメ

 このアニメ、主人公カオルさんまわりのディテールの詰まり方が邪悪である。細部が生々しい。まずカオルさんの見た目の問題というのがある。おれはあのカオルさんの撮影用パペットの顔を見たときに衝撃を受けた。具体的にいうと、口の左右から顔の横にかけての凹凸である。ほうれい線というほどはっきりしたものはまだ発生していないけど、頬の肉が確実に重力に負けつつあるあの凹凸……。正確かつ邪悪、職人芸的命中精度である。

 さらに言えば、カオルさんの性格というのもいささか露悪的だ。基本的には真面目で勤めもマトモ、他人に対してそこまで強く出ることはしないものの、頭の中ではけっこういろいろ辛辣で、いざ幽霊に襲われそうになればリラックマを身代わりに差し出す多少の自分勝手さがあり、そして意外と性欲が強い……。なんとすさまじい人物設計だろうかと、おれは舌を巻いた。いや〜、いるんでしょうね、こういう人。とにかく露悪の力で視聴者に爪痕を残してやろうという、強い意志を感じる。

リラックマとカオルさんとしげる カオルさんの“質感”がすごい

 でもまあ、だいたい誰だって人間はこんなもんでしょ……と、おれはかねがねそう思って見ていた。そもそも、カオルさんのやることといえばかわいいものである。ちょっと突飛(とっぴ)なことをやろうとしてリラックマから生えてきたキノコを食べようとしたり(ここでいきなり炭と七輪が出てくるのがカオルさんのカオルさんたるゆえんである)、いきなり結婚を決めた後輩がハワイ土産に買ってきたマカダミアナッツのチョコレートに文句を言ったりと、まあこの年の人間だったらそんなもんだわな、という範ちゅうに収まっていると思う。

 それに、ストーリー的にはちゃんと因果応報というか、調子に乗ったカオルさんにバチが当たるという作りになっている。性欲が暴走した結果68万円も借金を作ったり(それにしても生々しい額である)、マカダミアナッツのチョコレートに文句を言ったら結果的に自分だけハワイに行けなくなったりと、ちゃんとお灸を据えられている。カオルさんはいわばアラサー女性版野比のび太であり、「リラックマとカオルさん」はちょっぴりビターでシビアな「ドラえもん」と言えるだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声