ニュース
» 2019年05月30日 07時30分 公開

「すみません言うことじゃないよ」 電車で息子が体調不良に おじいさんに優しくされた体験漫画が心温まる

おじいさんの存在に感謝しかない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 息子が電車の中で体調を崩してしまったときに受けた、心無い対応と優しい対応を描いた体験漫画「電車で出会った人たち」が大きな反響を呼んでいます。


電車で出会った人たち09 おじいさんの存在に救われる

 ある日、作者の枇杷かな子(@pearl_hydrangea)さんが2人の子どもを連れて電車に乗ると、息子が電車酔いをしてしまいました。そんな調子の悪そうな息子の様子を見て、女性が席を譲ってくれようと立ち上がったそのとき、別の男性が「ごめんね 疲れてんの」と空いた席に座ってしまいます。

 仕方なく息子に立ったまま窓の外を見ているように促し、次の駅で降りて休むか聞きます。吐かないから大丈夫だと答えると、それを耳にした例の男性が「えっ吐くの?」と反応。終いにはうんざりした表情で「どっかやって」と、心無い言葉を投げかけてくるのでした。


電車で出会った人たち01 電車に酔ってしまった息子さん


電車で出会った人たち02 息子さんのために譲ってくれた席に男性が座る


電車で出会った人たち03 男性に心無い言葉を浴びせられる


電車で出会った人たち04 怒りを何とか抑える

 譲られた席を取った上に、息子をまるで物のように扱って来た発言。枇杷さんは激しい怒りを感じますが、子どもたちに怖い思いをさせないようにと、言い返したい気持ちをグッと抑えます。相変わらずツラそうな息子、足が痛くて座りたいとグズりだす娘……連休で混雑した車内で、なんだか寂しい気持ちに。


電車で出会った人たち05 男性の態度に寂しさを感じる枇杷さん

 すると向こうからおじいさんが「お母さん」と呼び掛けてきます。娘の声に気付いたのか自分の席を譲ってくれようとしているらしく、それに続いて隣の人も立ってくれ、子ども2人を座らせてくれました。「すみません…」とすっかり恐縮する枇杷さんでしたが、おじいさんは「すみません言うことじゃないよぉ」とおっとり優しい言葉をかけてくれます。悔しく寂しい思いをしていた枇杷さんは、気を抜くと爆音で泣いてしまいそうだったといいます。


電車で出会った人たち06 おじいさんが席を譲ってくれます


電車で出会った人たち07 やさしい言葉まで……。泣ける!


電車で出会った人たち08 寂しさや悔しさもおじいさんたちのやさしさでほぐされた!

 駅に着き、席を譲ってくれたおじいさんたちにお礼を言い降りようとすると、先ほどの男性と目が合い、深いため息をつかれます。しかしそんなことをされてもどうでもよくなるほど、おじいさんたちのおかげですっかり心がほぐされたと枇杷さん。「優しい人たちが楽しく長生きしますように」と結んでいます。

 子どもとの外出や移動に親はとても気を遣います。そんな中、息子の体調不良、男性の心無い言動が重なり、悔しさ、怒り、寂しさを感じていた枇杷さんでしたが、おじいさんたちの無償の優しさはそれら全てを吹き飛ばすものでした。困っている人に手を差し伸べられる人になりたいと思わせてくれる漫画です。

 漫画はTwitterで2万回以上リツイートされるなど話題に。読者からは「優しい方たちも素敵だし、耐えたお母さんもすごい」「よい行いをする方々が楽しく長く過ごせる世の中になってほしい」「親切にされるとうれしくてその人に幸せを願わずにいられない」など反響が届いています。

 作者の枇杷かな子(@pearl_hydrangea)さんはTwitterで日常や子育てに関する漫画を公開しています。LINEスタンプ「変顔キッズ」が発売中です。

画像提供:枇杷かな子(@pearl_hydrangea)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた