ニュース
» 2019年06月01日 10時30分 公開

スウェーデンに世界最小のマクドナルドがオープン! 店内はミツバチのお客さんで大繁盛

店内には所せましと来店客が……。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 このほどスウェーデンに世界最小とうたうマクドナルドがオープンしました。人が中に入れるサイズではありませんが、オープン間もないにもかかわらず店内は多くの来店客でにぎわっています。

マックハイブ

 この新店舗は「McHive(マックハイブ)と呼ばれ、ハイブとは“蜂の巣”を意味します。もうお気付きだと思いますが、これはマクドナルド・スウェーデンがミツバチのためにオープンしたものなのです。店内は養蜂箱になっており、ミツバチのお客さんで賑わっています。

 「蜂のために」なんて、毎年幸福度ランキング上位に君臨するスウェーデンらしいかも? 実はマクドナルド・スウェーデンでは2018年にあるフランチャイズ店が環境に配慮して店舗屋上に養蜂箱を設置したのです。その店舗周辺にはミツバチのために草花が植えられているという心配りも。

 それが今では、同じ取り組みをしているマクドナルド店舗がスウェーデン国内で5店舗まで増えました。今回話題となっているマックハイブはその取り組みを記念してオープンしたものなのです。

 マックハイブの制作にあたったのはスウェーデンを拠点とするプロモーション会社「NordDDB」で、デザイナーのニクラス・ニルソンさん(Nicklas Nilsson)が、設計、製造しており、ドライブスルーや店頭ポスターなど細かいところまで実店舗と同じように再現しています。

 しかし、これだけの(ミツバチの)お客さんで繁盛するのであれば今後、もっと店舗数が増えるかもしれませんね。

綿密に設計された店舗外観
ドライブスルーの商品受け取り窓口

 実は今、世界的に見て養蜂されたミツバチや野生の蜂などが減少傾向にあるのです。世界の環境運動について取り組むアースデイ・ネットワークでは、蜂はほとんどの植物の受粉のために欠かせない存在となっており、地球の生態系を維持するためにも重要な存在だと訴えています。マックハイブは私達に、ミツバチの重要さを認識させてくれる存在となったのではないでしょうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.