ニュース
» 2019年06月02日 09時00分 公開

ひどい仕打ちが待っていると思いきや…… オークに買われた奴隷少女の漫画がまじ紳士

さりげなく描かれるオークとエルフの関係性もまた良い。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 不幸にも人さらいに遭い、裏のマーケットで売られた少女がオークに買い取られる――。不穏な導入に始まるファンタジー漫画が好評を博しています。


アイキャッチ 少女を買ったオークの目的は?

 買い主のオークは、メイドのエルフを従える身なりの整った男。劣悪な環境にいた少女がにおうからと風呂に入らせ、やせ細っているからと豪勢な食事を与え、自分好みに仕立てていきます。


1P

2P

 世話をされているうちに少女は警戒心を解き、やがて笑顔を見せるように。オークは彼女に情けを感じながらも、「最初に決めていたことを曲げるつもりはない」と、ある非情な決断を下します。


3P

 それは、少女との別れでした。オークはひそかに彼女の素性を探り、親元に帰してあげたのです。そして彼女のような子どもをこれ以上増やすまいと、人身売買組織壊滅の決意を語ります。

 主人に計画の進捗状況を報告するエルフの首には、奴隷だった過去を示す数字の刻印が。彼女もまた人さらいの被害者で、オークに救われていたのです。そして漫画は、オークと奴隷商の戦いを示唆して幕を閉じました。


4P

 作者の佐々木某(@okaroot)さんには、「オークのイメージが変わった」「マジで紳士」「いやらしい展開を想像して反省」と、さまざまな感想が寄せられました。

 リプライには、エルフの過去に感動する人も。「今回の少女のように親元に帰されていないエルフには、帰る場所がないのではと思うと悲しい」「あえて親元に帰らず、恩人に仕える道を選んだのでは?」と、みなさん想像を膨らませているようです。

作品提供:佐々木某(@okaroot)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.