ニュース
» 2019年06月02日 11時15分 公開

漫画『ボボボーボ・ボーボボ』期間限定の無料配信をジャンプ+で開始 ただし最終回から

配信方法も作品名の濁点もハジケてます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 澤井啓夫さんによる不条理ギャグ漫画『ボボボーボ・ボーボボ』がジャンプ+で毎日1話ずつ無料公開されています。期間は6月30日までで、最終回から逆の順番で配信中です。何でだよ!



 ジャンプ+の公式Twitterが「『ホボボーボ・ボーボボ』が今だけジャンプ+で毎日1話無料配信中。※ただし、おわりから。」と投稿しているように、最終回の第230話から配信開始しており、合計30話以上が無料で読める予定です。めっちゃ読みにくいですが、そのハジケっぷりにはさすがボーボボと言うほかない。

 そして同ツイートをよく読み返すと、作品名が『ホボ(ほぼ)ボーボ・ボーボボ』になっているのに気が付きます。“頭”がハジケてやがる!(褒め言葉)


ボボボーボ・ボーボボ ジャンプ+ 無料配信 おわりから 最終回 逆配信 思わずビュティもツッコミをいれる謎配信(配信ページより)

 同作は『週刊少年ジャンプ』で2001年から2007年まで連載されたバトルギャグ漫画。人類を丸ぼうずにしようとたくらむ“毛狩り隊”を倒すため、究極の拳法“鼻毛真拳”を使う主人公のボボボーボ・ボーボボが仲間とともに戦う物語で、さまざまなインパクトのあるキャラクターが登場。連発される不条理ギャグとその勢いで進んでいく展開が特徴で、2003年にはテレビアニメ化もされるなど人気の作品です。

 初めて読む人は意味不明さが増しますが、最終回から読み始めてもノリに身を任せることで楽しむことは可能。とはいえ、実は第1話〜第3話も無料公開されているので、まずはそちらを読んでから読み進めるのをオススメします。





Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響