ニュース
» 2019年06月03日 12時00分 公開

高校生が授業で「小説」を読まなくなる? 変わる「高校国語」と新共通テスト(2/2 ページ)

[分銅,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

国語の授業から小説が消える日?

 「共通テストには小説がない」という事実とリンクしそうなのが、2018(平成30)年に告示された、学習指導要領です。

 この学習指導要領には、文科省が公開している解説があります。この中に、現行(2019年現在)の学習指導要領で規定されている科目構成と、改訂された学習指導要領で規定されている科目構成の比較表があります。



 注目すべきは「選択科目」の内容で、これまで「国語表現」「現代文」「古典」とあった枠組みが、「論理国語」「文学国語」「国語表現」「古典探究」となっています。つまり、これまで単に「現代文」とされていたものが「論理国語」と「文学国語」に分かれているのです。

 おそらく、現時点の高校の「国語」科目で、実用的な文章(なにかの規約や法令など)を教材とした授業を受けた経験のある人は、かなり少ないと思います。もしかすると「国語表現」の題材で、実用的な文章が使用されたことがあるかもしれませんが、限定的でしょう。

 しかし、今後の「国語」では、実用的な文章を教材とした授業が増えることも予想されます。なにしろ、大学受験の入り口ともいえる共通テストで、実用文がかなりのウェイトを占めることになりそうなのですから。

 そしてそのあおりを食いそうなのが、小説です。

 第一に、共通テストから小説がなくなって随筆がかわりに入ったことが注意されます。どちらも「文学国語」の範囲内ですから、随筆が小説よりも教材として使用される可能性が高くなりそうです。

 第二に、国語科目全体の単位数が増えていることにも注意されます。時間割の中で他の教科を国語に変更することはできないでしょうから、実際の運用は「国語」の中での変更になるはずです。とすると、「文学国語」の時間を減少させて「論理国語」にまわすことになります。

 つまり、これまで小説を教材としていた授業時間は、実用文や評論を教材としたものに多くが割かれる可能性を指摘できます。


おわりに

 冒頭に述べたように、ひょっとすると10年後、20年後の高校卒業者は、それ以前の卒業者が「国語」で読んだような小説を読まなくなっているかもしれません(あくまで、現時点での予想に過ぎませんが)。

 もちろん、入試システムの変更が高校における国語の授業を支配するものではありません。それぞれ独立しているもののはずです。しかしながら、昨今は「高大接続」が謳われており、高校での学びが大学での学びへと直結することが求められています。そう考えると、大学入試の変更が高校の授業に与える影響は小さくないといわざるをえません。

 また、この記事で参考にしている「高等学校学習指導要領(平成30年告示)解説 国語編」では、高校生に対して「読書」を勧めるように書かれているのですが、筆者自身は、この教育課程では、高校生はむしろ「読書」から遠のいてしまうのではないか、と思わずにいられません。

 なお、共通テスト・新教育指導要領と連動して、国公立大学の入試はもちろん、私立大学の入試も大きな変更が予定されています。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」