ニュース
» 2019年06月03日 07時30分 公開

週休1日・月収約3万円の外国人が日本人をうらやむ→事情を知るとこっちもうらやましくなる漫画

隣の芝生は青く、花は赤く見えるものですけれども。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 勤務時間の長さや、それに釣り合わぬ所得など、さまざまな問題を抱える日本の労働環境も、外国人には魅力的に映る場合もあるかもしれない――。そんな可能性を感じさせる(?)漫画を、漫画家の五箇野人(ごかやじん/@gokayajin)さんがTwitterで公開しました


アイキャッチ 「週休2日で月収20万以上は極楽」……ある国からはそう見えるのだとか(具体的な国名は作者の意向で伏せられています)

 五箇野人さんがある国を旅行したときの体験談。町を歩いていると、工務店の社員がヒマだったのか、話し相手になれと手招きしてきました。

 彼は日本の労働環境に興味があるようで、待遇について質問。「基本は9時5時勤務で週休2日。大卒初任給が月20万円くらい」と聞いて、たいそう驚きます。この国では一般的に休日は日曜のみで、彼の月給も日本円で約3万円だというのです。


1P

 「日本に比べたら俺の環境ははちゃめちゃブラックだ」と嘆く様子を見て、五箇野人さんはサラリーマン時代を振り返ります。毎日終電まで働いて不満だらけだったけど、世界的には恵まれていたのかなと。

 ところが、相手の日常をよくよく聞いてみたところ、話はおかしなことになってしまいました。勤務時間は9時〜17時きっかりで、残業の概念はナシ。さらに、1時間のランチタイムとは別に、国の習慣で10時と15時からは15分のティータイムが必ずあるのだそうです。それでいて、1日の来客は平均2人程度で、勤務の大半は客待ち。また、日本よりずっと物価が安く、「約3万円」の月収もこの国では平均的な額なのでした。あのー、それ、ものすごく楽そうに聞こえるんですが。


2P

 「ほぼほぼヒマな仕事で人並に暮らせる」と考えると、日本人からすればアチラがうらやましくも思えるこの話。ただ、相手の立場で考えると、退屈すぎる職場に週6で拘束されるのもつらそうですし、この世に「ちょうどいい」は、なかなかないような気もします。

作品提供:五箇野人(@gokayajin)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響