ニュース
» 2019年06月03日 10時25分 公開

『幼稚園』7月号付録が「セブンティーンアイス」自販機 ポチッと出てくるギミックにSNSで「欲しい」の大合唱

見つけたらハッピー、あの自販機が980円で手に入る。

[辰井裕紀,ねとらぼ]

 幼児誌なのに、大人も驚嘆する『幼稚園』(小学館)の付録。7月号(980円)は江崎グリコとのコラボで、あのセブンティーンアイスの自販機が登場しました。早くもその完成度がうかがえる動画ツイートで話題をさらっています。



セブンティーンアイス自販機 押すたびに出てくる三角コーン型のアイス

 あのちょっと独特なセブンティーンアイス自販機さながらのボディがよく再現されており、駅のホームなどで見かけたときのうれしさがよみがえってきます。

 さすがにボタンは下部の4つへまとめられてはいますが、ボタンを押すごとにアイスのミニチュアがどんどん出てくるのには爽快感さえ覚えます。この出来栄えには、SNSから「ほしい」との大合唱も聞こえてくるほど。


セブンティーンアイス自販機 第10弾となった企業コラボ付録

【メイキング】セロハンテープだけ用意しよう

 ここからはメイキングです。紙の部品が中心で大きくかさばらず、コンパクトなキットになっています。工具などは用意しなくても作れますが、テープだけは別で必要なので用意しましょう。セロハンテープがオススメです。


セブンティーンアイス自販機 コンパクトなキット

セブンティーンアイス自販機 後ろの説明書を見ながら作る

 気になる組み立ての難易度。ここのところ作るのがカンタンな傾向のあった『幼稚園』の付録ですが、今回は完成させるまでに若干の歯ごたえを感じました。


セブンティーンアイス自販機 取り出し口を抜く

セブンティーンアイス自販機 後ろ側はこんな感じ

アイス作りがちょっと難関

 自販機の部分はそれほど問題ではありません。しかし少し難儀なのがアイスの組み立て。多少はめ込みづらい作りになっているのと、単純に12個もあることで時間を食います。このアイスを12個作るのに約45分かかりました。


セブンティーンアイス自販機 ちょっとだけ面倒なアイスづくり

セブンティーンアイス自販機 これをはめ込むのに少し苦労

タダでどんどんアイスが出てくるよろこび

 1時間20分ほどかかって完成しました。できあがった自販機を見上げると、なかなかほれぼれする出来栄えです。


セブンティーンアイス自販機 とうとう完成

 「できたものを見ているだけでうれしくなる」度合いは、シリーズでも上位に入ります。インテリアとしてもよさそう。


セブンティーンアイス自販機 横から見ると

セブンティーンアイス自販機 お金の投入口付近

 ちょっと遊んでみましょう。押せばあの三角コーン型のアイスたちがどんどん飛び出てきます。


セブンティーンアイス自販機 押して押して押しまくる

 苦労した甲斐あって、楽しさもひとしおに感じます。いつもは買おうかどうか迷ってしまう「ご褒美アイス」ですが、この自販機ならいくらでも“買い放題”です。うれしくなって思わず何度もボタンを押してしまいます。


セブンティーンアイス自販機 連打、連打

セブンティーンアイス自販機 ちっちゃなアイスがどんどん出てくる

 なおボタンが引っ込んだまま戻らなくなることもありましたが、その際はさらに何度か押してみると元に戻りました。

 ちなみにYouTubeの「幼稚園ふろくチャンネル」では、動画で作り方を紹介しています。今回はちょっと作り方に迷いそうな部分が多いので、見られる人は見たほうがスムーズに作れるかと思われます。



 いつも「この手があったか」と読者の予想をいい意味で裏切っていく『幼稚園』の付録。次はどんな手で子どものみならず大人も驚かせてくれるのか、要注目です。


セブンティーンアイス自販機

辰井裕紀

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.