ニュース
» 2019年06月03日 15時28分 公開

マクドナルドと読売新聞、異業種が共同輸送 相乗りするのは「塩と新聞」

輸送効率が上がるとのこと。

[ねとらぼ]

 日本マクドナルドと読売新聞グループ本社が連携し、6月3日に共同輸送を始めました。珍しい異業種連携で相乗りするのは「塩と新聞」です。

photo 共同輸送の様子。手前に読売新聞、奥に段ボールで梱包された食塩(ニュースリリースより)

 共同輸送では、4トン車を使用していたマクドナルドの食塩の輸送(大阪市大正区→神戸市東灘区)と、2トン車を使う新聞の夕刊の輸送(大阪市北区→兵庫県西宮市)を一緒に行います。

 新聞を輸送する2トン車の余裕スペースを活用し、食塩と新聞を混載して運びます。これにより、4トン車での輸送を廃止し、2トン車に統一でき、積載効率が向上するとのことです。読売新聞グループ本社は「新聞輸送トラックの空き時間、空きスペースの有効活用につながる」とコメントしています。

photo 両社のコメント(ニュースリリースより)

 共同輸送による効率化で、貨物車両の走行台数を年間約230台、二酸化炭素排出量を年間約1.1トン削減できると見込んでいます。

 異業種連携の先進的な取り組みとして、「物流総合効率化法」に基づく計画としては初めて、国土交通省、農林水産省、経済産業省の3省共同による認定を受けたとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.