ニュース
» 2019年06月03日 21時45分 公開

ずっと見ていられそう Googleストリートビューを自動でランダムに移動、散歩気分を味わえるサイト

忙しいときも、せめて旅行気分を。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Googleストリートビューの景色を自動で取り込み、ランダムで移動する様子を延々と見せてくれるサイト、「Street View Random Walker さまよえる私」が楽しいと好評です。散歩中の誰かに乗り移ったような気分。


足立区 6月3日の14時ごろにのぞいてみたところ、東京都足立区の風景が映りました

春日部市 やがて埼玉県春日部市へ

墨田区 今度は墨田区へ。なお、左下のGoogleロゴをクリックすると、場所をGoogleマップ上で確認できます

 開発者はエンジニアのあずま(@sngazm)さん。視点が移動した場所をリアルタイムでサーバーに記録する仕組みを作り、6月1日に秋葉原の景色から視点をスタートしました。このユニークなアイデアは大きな反響を呼び、「地味に楽しい」「無限にながめていられる」など好評の声が多数。視点の現在地を報告するツイートも多数寄せられています。


 サイトの詳細をあずまさんに聞いたところ、「目的地は特に設定しておらず、道なりにまっすぐ進み、分岐にさしかかったらときどき思いついたように曲がる」仕様。視点は人間の徒歩と同程度の速度で切り替わるようにしているそうです。風景はサーバーの記録をもとに表示するので、複数のユーザーから見てもおよそ同じ場所が表示されるとのことです。

 開発を始めたのは、週末に行っているクラブ活動「Image Club」でのこと。「会社に行きたくない……本当はこのままどこか遠くに行きたい……」といった気分のとき、自分の分身が家から出発してあてどなくうろつく様子を会社からリアルタイムでながめられたら面白いのでは? と思いついたのだそうです。

 開発中には、「旅先に分身を置いて帰り、その後もさまよわせ続ければ、自分が日常に戻ったあとも旅行を続ける自分が見られる」といった案も。これをふまえて、将来的には自分が好きな場所に分身を置いてスタートし、定期的に所在地のスクリーンショットをツイートするような機能を考えているそうです。

 現状の問題は、GoogleストリートビューのAPI使用料。想像以上のアクセスがあったため、無料で使用できる分は開始早々終わってしまったのだそうです。そこで、あずまさんはpolcaで支援を募集。当面の使用料に足りるだけの額が集まり、6月3日現在、サイトはまだ維持されています。状況によっては、アクセス制限を設けることも検討しているそうです。



反転 いったん無料分が終わったときの表示。裏の世界に入ったみたい

協力:あずま(@sngazm)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」