ニュース
» 2019年06月04日 10時35分 公開

Apple「iOS 13」今秋リリース ダークモード搭載、PS4コントローラー対応など

[ねとらぼ]

 Appleは6月3日(現地時間)、WWDC2019でiOS 13を発表しました。ダークモードなどの新機能に加えて、アプリの起動速度倍速化といった基本性能の向上など順当にパワーアップ。一般配信は今秋を予定しており、開発者向けには即日配信開始されます。

Apple「iOS 13」発表 ダークモードでのメール画面

 iPhoneの対応機種は「iPhone 6s」以降。「iPhone SE」と「iPod touch(第7世代)」も含みます。画面が黒を貴重とした見た目になるダークモードでは、目に優しいシックな色合いでこれまでとは一味違う使い心地に。

Apple「iOS 13」発表

 「写真」アプリでは機械学習を活用し、アルバム閲覧時に良く写っている写真を優先的に表示し、似た写真やうまく撮れていないものは表示しないといった便利な機能を搭載。また撮影後の編集機能も強化され、より直感的に思い通りのライティングや加工ができるように。さらに動画の編集機能も使いやすくなり、これまで未対応だった動画の回転も可能になります。

Apple「iOS 13」発表Apple「iOS 13」発表 AIにより良く撮れた写真が優先的に表示(画像左)。写真の編集もより直感的にできるようになります(画像右)

 さらに、ゲーマーにはうれしいプレイステーション4/Xbox One Sコントローラーへの対応が発表。全てのゲームで使えるようになるわけではなく、対応はアプリ側に委ねられます。両コントローラーはiPad向けの「iPad OS」と、Apple TV向けの「tvOS 13」にも対応予定。これにより今秋開始となるゲームサービス「Apple Arcade」がぐっと遊びやすくなりそうです。

 また、「Quick Path」なる新しい片手でのQWERTYキーボード入力方式も発表されました。タップしたまま入力したい文字を順になぞっていくことで、候補の単語が一覧表示されるので、そこから目当てのものを選択します。Quick Pathは現時点で英語、中国語簡体字、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ポルトガル語への対応が発表されています。今後の日本語対応にも期待したいところです。

Apple「iOS 13」発表 「Quick Path」は英文の片手入力で活躍しそうです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.