ニュース
» 2019年06月04日 14時50分 公開

イオン、「WAON」ポイント付与率を2倍にアップ 200円で2ポイントに 7月1日から

会員登録が条件です。

[ねとらぼ]

 イオンは6月4日、電子マネー「WAON」(ワオン)を使ってイオングループ店舗で支払った際のポイント付与率を7月1日から2倍に引き上げると発表しました。会員登録を条件に、200円(税込)ごとに2ポイントを付与します。WAONの利用拡大によるキャッシュレス支払いの推進が狙いだとしています。

photo イオン独自の電子マネー「WAON」
photo WAON支払いのポイント付与を2倍に(WAON公式サイトより)

 現在は会員登録の有無にかかわらず200円(税込)ごとに1ポイントですが、7月1日以降、会員登録済みのWAONカードで支払うことで、ポイント付与が2倍になります。たまったポイントは1ポイント1円としてWAONに交換して買い物に利用できます。会員登録していないWAONカードで支払う場合は従来通り200円(税込)ごとに1ポイントです。

 イオンやダイエー、マックスバリュ、ピーコックストア、まいばすけっと、イオンモールなどイオングループの店舗での支払いが対象になります(ネットスーパーなどは除く)。イオングループのコンビニエンスストア、ミニストップは含まれていません。

photo 対象となるイオングループの店舗(WAON公式サイトより)

 カードはWAONカードやイオンカード(WAON一体型)、モバイルWAONなどで、会員登録はWAON公式サイトや、店舗に置かれた申込書に記入して郵送することで行えます。

photo 会員登録対象のカード(ニュースリリースより)

 WAONは2007年4月に誕生したイオン独自の電子マネー。ポイント還元によるお得さなどから受け入れられ、累計で約7596万枚のカードを発行しているとのことです。

 同じ7月1日には、セブン&アイ・ホールディングスが独自の電子マネー「nanaco」(ナナコ)支払い時のポイント付与を改定。こちらは従来の「100円(税別)で1ポイント」を「200円(税込)で1ポイント」に変更し、還元率は半減することになります(関連記事)。

 セブン&アイの改定はスマートフォン決済サービス「7pay」の導入に合わせたものですが、同じタイミングでイオンが引き上げることで、ポイント付与率は逆転します。キャッシュレス化の流れは、小売り大手企業間の競争も促しているようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」