ニュース
» 2019年06月04日 17時35分 公開

人気劇団「キャラメルボックス」運営会社が破産申し立てへ 突然の活動休止発表

突然の活動休止を発表していました。

[ねとらぼ]

 東京商工リサーチによると、人気劇団「演劇集団キャラメルボックス」を運営していた「ネビュラプロジェクト」が破産を申し立てる方向で弁護士に一任したとのことです。キャラメルボックスは5月末に突然活動の休止を発表し、ファンに驚きが広がっていました。

photo 突然の活動休止発表(公式サイトより)

 早稲田大学の演劇サークル出身者が1985年にキャラメルボックスを結成し、その後運営会社としてネビュラプロジェクトを設立。上川隆也さんが所属していたことでも知られ、多数の観客を動員できる人気の劇団でした。

 東京商工リサーチによると、2006年1月期には売上高10億1000万円を計上していましたが、その後は観客動員が伸び悩むなどして売り上げは減少し、18年1月期の売上高は約5億円に落ち込んでいたとのことです。

photo 「キャラメルボックスを裏から支えるネビュラプロジェクト」(公式サイトより)

 5月31日には、公式サイトで活動休止を発表。代表の成井豊さん名で「劇団としての活動は休止しますが、各劇団員はそれぞれの場で芝居作りを継続してまいります」などと告知していましたが、活動休止の理由は明らかにしていませんでした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.