レビュー
» 2019年06月05日 20時00分 公開

【漫画】ポジティブになれる魔法、ほしくない? Netflix「クィア・アイ」のススメ(1/2 ページ)

見ると元気になる。

[momomosparkle,ねとらぼ]

 誰だって自分に自信がもてないときってあるよね。会社や学校で怒られたときとか、恋人にふられたときとか、月に一度のあのときとか。そんなときに見てほしいのがNetflix「クィア・アイ」。チョコレートケーキより効果があるから。

クィア・アイ
クィア・アイ
クィア・アイ
クィア・アイ
クィア・アイ
クィア・アイ
クィア・アイ

5人のフェアリー・ゴッド・ゲイ・マザーがあなたをお助け!

 「クィア・アイ 」をネットで調べると、「5人のゲイがダサ男を大改造!」といったキャッチフレーズや口コミが出てくる。けど……惜しいっ!

 改造のターゲットは「ダサ男」だけじゃない。町のみんなから慕われる忙しいママ、大人の男になりたいトランスジェンダー男性、息子のために変わりたいシングルファーザーなどなど、年齢も性別も生き方もさまざま。“変わりたい”と思う彼らは番組内で、敬意を込めて「ヒーロー」と呼ばれる。

 ヒーローたちを変身させるのは、“ファブ5”と呼ばれる5人のイケてるゲイたち。彼らはそれぞれ、「料理」「文化」「ファッション」「美容」「インテリア」5つの分野の専門家。それぞれの得意分野を通して、ヒーローたちをキラキラに磨き上げていく。

 本国アメリカでは2018年、3つのエミー賞を受賞したほどの人気を誇っているリアリティーショー! ひとつのエピソードが20分ほどの長さ、かつ1話完結型だから、気軽に見られるのもいい。

“ファブ5”って何者?

 依頼人をステキに変身させるファブ5は、どんな人たちなのか。

 カラモはカルチャー担当で2児のパパ。ターゲットと一緒に、彼らの抱える問題や、これからどんな人間になりたいのかに向き合うカウンセラー役。37歳とは思えないほどの包容力で、ファブ5の中でもリーダー的な存在。さまざまな壁を乗り越えて生きてきた彼の言葉は、心にまっすぐあたたかく響いてくる。

クィア・アイ カルチャー担当・カラモ

 「スタイルとはトレンドを追うことじゃなくて、体形や年齢もひっくるめて、自分に自信がもてる服をえらぶことをいうの」……これはグレーヘアとエレガントさが特徴のファッション担当、タンの名言。依頼人の生活スタイルや生き方に寄り添った、選びやすく着まわししやすいリアルクローズをチョイスするのが得意!

クィア・アイ ファッション担当・タン

 八重歯がかわいい笑顔のボビーはインテリア担当。驚くほどのスピードで、ターゲットの思い出の品や場所を軸に、夢のようなインテリアをかなえる。設計からインテリア選びから現場での作業までをこなしているんだから、イチバン仕事量は多いはず……。旦那さんとのラブラブで幸せそうな写真をよくInstagramにポストしているところがかわいい。

クィア・アイ インテリア担当・ボビー

 料理担当のアントニは俳優やモデル業もこなすスーパーハンサム。料理を通して、ターゲットが自分のライフスタイルを見直すお手伝いをするのが彼の仕事。ちなみに美容担当のジョナサンとは一緒に手をつないでランチにいくような仲良しで大親友。あまりの仲の良さに、ネット上では「付き合ってる?」と噂されるほど。

クィア・アイ 料理担当・アントニ

 そしてハッピーオーラ全開のムードメーカー、美容担当のジョナサン!(私の推し推し推しメン!)ファブ5の中でも特に明るくて、「好きになっちゃう!」「あなたってセクシーすぎ」と愛の言葉を連発するのが癖。毎回変身プロフェクト後にファブ5みんなでヒーローたちの様子をモニター越しに見るシーンがあって、そのときのジョナサンのリアクションが、泣いたり笑ったりジタバタしたり感情爆発でもう最高。

クィア・アイ 美容担当・ジョナサン
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」