ニュース
» 2019年06月05日 08時00分 公開

タピオカを手作りするつもりがオバケくず餅みたいに ウッカリ錬成されたお菓子が意外とおいしそう

本来は粉を練って丸めるところを、水で戻してしまったようで……。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 タピオカを家で手作りするつもりが、全然違う謎のお菓子が生まれてしまった――。そんな失敗談が笑いを呼んでいます。見た目はくず餅やコーヒーゼリーに似ていておいしそうですけれど、豪快すぎてインスタ映えはしなさそう。


タピオカ? タピ……オカ?

 投稿主のキノキング(@kakusankinoking)さんは、先日台湾旅行でタピオカ粉を買ってきました。これを母親が間違えて調理したのが悲劇の始まり。本来は粉を練って丸めてゆでるところを、大量の水で戻して終わらせてしまったのです。

 かくして、ゼリー状の謎スイーツは大量にできあがりました。写真に写っているだけでも大きめのタッパー一杯分ありますが、実はそれでも入り切らず、別にどんぶり2杯分あったのだそうです。


 その後、キノキングさんは家族と一緒にがんばって、2日以上かけて食べ切ったとのこと。この量をどうやってたいらげたのか聞いてみたところ、ミルクティーやココナッツミルク、コーヒー牛乳などの飲み物をかけていたそうです。要はくず餅の亜種なので、きなこと黒蜜を合わせるのが王道とは思いつつ、量が量なので液体で流し込まないとつらかったのだとか。

 肝心の味はというと、粉を戻す際に一切の味付けをしていなかったためまるで甘くなく、はちみつで補うことに。食感はくず餅より柔らかく、とろけるタイプのプリンや、ドロリッチに似ていたそうです。ツイートは大反響で、食べ方のアイデアはいろいろ届いていたのですが、全てを試す心の余裕はなかったとのことでした。何はともあれがんばった!


タピオカ? これはこれでおいしそう

画像提供:キノキング(@kakusankinoking)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.