ニュース
» 2019年06月05日 11時30分 公開

妖精が住んでそう! 鑑賞目的できのこを育てる「きのこリウム」がファンタジックで素敵

食用きのこを「観賞用」として育てる。

[戸部マミヤ,ねとらぼ]

 まるで妖精でも住んでいそうな、妖しく幻想的なきのこ画像を投稿するTwitterアカウント「きのこリウム(@kinocorium)」が注目を集めています。


きのこリウム 観賞用にきのこを育てる「きのこリウム」


 「きのこリウム」とは「きのこ」と「テラリウム」を組み合わせた造語。きのこを食用ではなく観賞用として育てる取り組みです。原木や菌床(人工の培地)から発生したきのこは、ガラスの中に美しい菌の世界を構築します。

 拡散された作品は、白ヒラタケ(左上)、ヌメリスギタケ(左下)、エノキタケ(右上)、ナメコ(右下)を同じ水槽で育成した力作です。4種類のきのこは発生時期がそれぞれ異なるため、タイミングを合わせて発生させるのは至難の業。

 作者自身も「これまで『水槽内にきのこが所狭しと生える風景を夢見て』やってきた」「昨冬に完成したこの作品でその目標には達したと言っても良いだろう」と手応えを語っています。


きのこリウム 「どうやってタイミングを合わせたのかは内緒」とのこと

きのこリウム かわいらしさと艶やかさが同居しています

 育成にかかった期間はおよそ1年。原木にキノコの菌を植え付けてから菌糸が回るのに半年。それをテラリウムにセットし、苔やシダが成長するまでさらに半年。発生タイミング以外にも、湿気によるカビとの戦いも苦労したポイントなのだとか。

 難しいが故にうまくいった時の喜びはひとしおだという「きのこリウム」。過去の作品は作者インスタグラムにまとめられています。

 また「きのこリウム」の育て方を解説した書籍も現在準備中とのこと。興味を持った方は秋の発表を待ちましょう。空想を刺激する妖しい世界は、意外と足元に広がっているのかもしれません。



画像提供:きのこリウム(@kinocorium)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」