ニュース
» 2019年06月05日 22時46分 公開

通販で買ったピカチュウが偽物でガッカリ→それでも情が湧いて全力で整形したらかわいく生まれ変わった

偽物を扱う業者が許容されるわけではないですが、ぬいぐるみ自体に罪はなく。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 Amazon.co.jpで「名探偵ピカチュウ」のぬいぐるみを買ったら、映画とは似ても似つかない品物が届いてガッカリ――そんな偽物でも情が湧いたからと、全力でかわいらしく整形する人が現れました。ビフォー・アフターの差が激しくて、ビューティー・コロシアムみたい。


ビフォー・アフター 渾身の魔改造

 投稿主は、普段からハンドメイドのぬいぐるみを作っているあーにゃ(@a_nyahandmade)さん。羊毛フェルト用のニードルで全体の形を整え、目にトップコート剤を塗ってツヤを出し、毛を貼って鼻を小さくするなど、手段を尽くして偽物を改良しています。あまりにも本格的で、施した処置をまとめた画像が美容整形外科のサンプルに見える。


処置 こんな広告見たことある気がする

 くわしい話を聞いたところ、あーにゃさんもぬいぐるみが届いたときは、サイトの見本と全然違ったため、一瞬返品を考えたとのこと。それでもせっかく家に来てくれた子なのだからと思い直し、かわいくしてあげられればと整形を決めたそうです。

 試行錯誤しながら約3時間で、ピカチュウは見違えるようになりました。苦労したのは鼻への植毛。1回では黒い地が見えてしまい、処置を3回くり返したそうです。

 あーにゃさんは取材に対し「業者からは全額返金してもらっており、『そのまま返品せずに自宅に置いていただいても大丈夫です』との了解を得て今回の処置を行った」とコメント。とはいえ、「ピカチュウの偽物が届いた」といった報告は5月下旬ごろからTwitterで相次いでいるため、安い商品が通販にあるからとむやみに手を出さず、店で現物を見て買うほうが安全かもしれません。

画像提供:あーにゃ(@a_nyahandmade)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露