ニュース
» 2019年06月07日 09時00分 公開

「出版社以外」からの収入のほうが大きくなった──うめ小沢高広さんに聞く「いま漫画家デビューを狙うならこうします」(3/4 ページ)

[堀田純司,ねとらぼ]

――小沢さん、では組む相手として「意識高い系のドヤ編集者」と、伝統的精神論の「魂で描け型編集者」では、どちらが望ましいですか。

小沢 それはアレですよね。絶対、どちらかを選ばないといけないという究極の選択としたら、ですよね。

――はい。

小沢 それなら僕は、意識高い系と組みます。まだしも言葉が通じるから。

 意識高い系の人の意識を、「そうはいってもさ。泥水すすろうぜ」といって、低くすることはまだできると思うんです。でも「魂で描け」な人に「しなくていい努力はやめて、作戦練ろうぜ」といって、魂を解きほぐしてもらうのは、すごく大変でしょう。

 なので、僕ならば意識高い人のほうが楽だと思いました。意識高い人も、直接会うと、そんなに高くないですし。「実はさ」って話もいっぱいあるし。仕事をするのだったら、そちらの人のほうが、費用対効果が高いかなと思います。

――もし「魂で描け派」の人の長所を挙げるとすれば、どういうところでしょう。

小沢 魂派は、信頼関係をつくるのに、すごくコストがかかる人たちだと思うんです。だから、ゼロからその人に取り入って、認めてもらうところから始めるのは大変ですけど、最初から「おまえの魂を信じているんだ」と信頼してくれているのであれば、人一倍のマンパワーを発揮してくれるかもしれない。

photo 新連載『東京トイボクシーズ』は、入学希望者数を下げ止めるためにeスポーツ科を新設した学校が舞台(コミックバンチwebより)

もし今の時代にデビューを目指すなら?

――小沢さんが、SNSやnoteのようなプラットフォームがある今の時代にデビューを目指すとしたら、どのような戦略を採るでしょうか。後に続く人の参考として、ぜひ教えてください。

小沢 本を1冊、まず出すことだけを狙うのであれば、あまり手をかけない、つまり製作コストの低いマンガを、Twitterにどんどんアップする。そしてバズるまでネタを変えていって、バズったらそれをシリーズ化する。これを繰り返してるうちにたぶん、編集部から声が掛かる。そのパターンが早いとは思います。出版社の旧来の新人賞は狙いません。

――狙いませんか。

小沢 もう出版社の編集に、新人を教育して育てていくようなコストも時間もなくなっていますから。

 それに賞に出して受賞して、担当がついて、次にネームコンペに出すみたいなプロセスは、時間がかかりすぎて、コスパが悪い。

 しかもそこでどういう人が担当になってくれるのか、こちらは選ぶことができないでしょう。編集部内の力関係も分からないし。ほとんどガチャじゃないですか。フィギュアが出ると思って回してるのに、こんにゃくが出るかもしれないような不透明で一方的なガチャに、人生を賭けたくないですよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」