ニュース
» 2019年06月07日 09時00分 公開

「出版社以外」からの収入のほうが大きくなった──うめ小沢高広さんに聞く「いま漫画家デビューを狙うならこうします」(4/4 ページ)

[堀田純司,ねとらぼ]
前のページへ 1|2|3|4       

――どんな不運な出会いがあろうとも、力づくで突き進む。そんな才能の人ならいいですけど、そこまでの人はマンガの歴史上、ごく少ない。むしろ、もしかして担当ガチャの引きが悪くて、本来世に出たはずの才能の芽を枯らしているのではないか。そうした危機感は編集側にもあって、講談社なんかは、編集部横断的に投稿を受けつけていたりしますね。

photo 講談社の投稿サイト「DAYS NEO」は「一度で21誌250人の編集者と出逢える」とうたう

小沢 あれくらい間口が広い取り組みであれば、ありかもしれないですね。でも、旧態依然の雑誌の賞であれば、絶対に出さないと思います。

 ただ「Twitterでバズった本が実際に売れるか」というと、決してそんなことはない。100万単位でバズったのに本を出したら1000冊も売れないというケースもまだ聞きます。だから、1冊出したからそれで上がり、ということではなく、その後の戦略もまた考えなければならない。

 あと「Twitterでバズるタイプのマンガと、本当に君が書きたかったマンガは同じ?」という疑問もあります。

数を打って、どんどん回転していく

――SNSの世界では「12ページのストーリーでも重い」という声がありますね。それよりもエッセイだったり、変わった体験だったりがバズりやすい。その意味では、ショートで売れるマンガはもはやWeb発が主流という意見もあります。

小沢 日常の小ネタだったり、自分自身や身近な人の病気の話だったりですね。それが描きたかった人なら、ぜんぜんいい。問題ないんです。

 しかし、スケールの大きいストーリーが書きたい。自分がかつて血沸き肉躍ったような冒険活劇を描きたい。そういう願望を持ってるにもかかわらず、SNSでバズりやすいからという理由だけで、エッセイマンガを描いて、それで「マンガ家になったね、良かったね」という未来しかこの業界が提示できてないんだとしたら、それはちょっと残念だな、なんとかしたいなとは思います。

 大きなストーリーを描きたいのであれば、集英社や講談社がやっているような、ある程度は編集者も見るけれども、Webにも同時に公開するという場のところでやっていくのが可能性は高いでしょうね。

 でもそれでも、やっぱり数を打って、どんどん回転していくことが大事だと思います。昔だったら、編集者がある程度、こっちだよと道しるべを示してくれた、手を引いてくれたりした。今は、それもない状態なので、自分で数を描いて、当たりを模索していくことになる。そのためには、絵のコストをどこまで下げられるか。具体的には、渾身の絵、渾身のネームを描くのをやめる。絵にコストをかけない、ネームにコストをかけない、どんどん量産する。

――渾身のネームを考えて、1年かけて渾身の絵を描いた。自分の人生をぶつけた投稿作を送って、3カ月後に落選が分かる。それを2、3回も繰り返したら、もう詰んでしまいます。それに、渾身の作品で見事、賞を獲ったとしても、担当ガチャに負けて、最初の打ち合わせで終了して唖然としてしまうこともある。コストを思い切りかけた一作で勝負しようとするのは、あまりにリスキーですね。

小沢 やりたいことをゆがめるのは、僕は良くないと思うんです。だから冒険活劇を描きたい人は、まずはそれを目指すほうがいい。

 ただ、それでたまたま10代の少年少女の恋愛を描いたら、サイトですごく伸びたとします。そのときは、そこは信じて伸ばすのがいいと思います。やっぱり、自分の中にどんな引き出しがあるのか、自分が一番分かっていないところがありますから。

 だから、もし思っていたのと違う作品が伸びたとしても、それは編集者に意外な引き出しを提案されたのと同じようなものです。まず半年くらいは、信じてやってみてもいいと思いますね。伸びると人間嬉しくなるもので、本当に嫌じゃなければ、案外それも悪くないかな、と思い始めたりもするものです。

  • うめ小沢高広さんインタビュー後編「お金はゲームでいえばパラメーターのひとつでしかない」に続く
photo

堀田純司 大阪生まれ。作家。主な著書に「僕とツンデレとハイデガー」「オッサンフォー」(講談社)、「メジャーを生み出す マーケティングを超えるクリエーター」(KADOKAWA)、編著に「ガンダムUC証言集」(KADOKAWA)などがある。日本漫画家協会員。Twitter @h_taj


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  8. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」