ニュース
» 2019年06月07日 16時00分 公開

水族館のプロ中のプロが日本全国を取材して作った「水族館ガイド」が登場

水族館クラスタならチェックしておきたい。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 水族館プロデューサーの中村元さんが実際に現地に足を運んで取材した『全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド125』が、6月4日に講談社から発売されました。

水族館ガイド 全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド125

 中村さんは「新江の島水族館」や「サンシャイン水族館」のリニューアル、「広島マリホ水族館」の新設などを手掛けてきた水族館の仕掛人。「鳥羽水族館」の副館長の経験もある方です。

 同書は中村さんが“作り手”と“観覧者”の両方の視点で水族館をチェックしたガイドブック。北は稚内から南は沖縄まで、全国125カ所の水族館を取り上げています。

水族館ガイド 天空のオアシスが魅力のサンシャイン水族館
水族館ガイド 世界初の「凍る水槽」を実現した北の大地の水族館
水族館ガイド 海獣パフォーマンスが素晴らしいアドベンチャーワールド

 同書の中核にあるのは「水塊」というキーワード。水の中にいるような浮遊感や光のきらめき、その中にいる魚などの生命をまとめて表した言葉で、本物の「水塊」は人を満たされた気持ちにするといいます。

 使われている写真も自身で撮影したもの。各水族館の本当の見どころや魅力、楽しみ方、水槽展示の奥深さ、パフォーマンスショーの裏側、地域ならではの特性や生き物、弱点を武器にした展示など、目からウロコが落ちるような独自の解説が楽しめます。

 B5判/224ページで価格は2700円(税別)。水族館クラスタならチェックしておきたい1冊です。

水族館ガイド 眺めているだけでもいやされそう

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. /nl/articles/2009/29/news094.jpg 「結末が載っていないなんて初めて」 「半沢直樹」賀来賢人&西田尚美&児嶋一哉ら出演者もラストを知らされず
  3. /nl/articles/2009/28/news039.jpg 「早く宿題終わったなら余った時間勉強しなさい」 会社でも見掛ける“やる気を無くすシステム”描いた4コマがあるある
  4. /nl/articles/2009/28/news089.jpg 「笠原さん」「笠松だよ!」 アンジャ児嶋、「半沢直樹」堺雅人と2人きりのシーンで“直樹”に名前をイジられる
  5. /nl/articles/2009/21/news034.jpg 「人が買ったカレーを盗むな!」嫁姑の“カレールー事件” 妻に出ていかれた相談者は挽回できるのか「テレフォン人生相談」先週のハイライト
  6. /nl/articles/2009/28/news056.jpg 母親「いいことあったから家に来なさい」 実家のかわいい子猫、1年後にめちゃくちゃでかくなるビフォーアフター!
  7. /nl/articles/2009/29/news052.jpg 「原神」公式、PC版の“スパイウェア疑惑”についてコメント ゲーム終了後も起動していたのは「不正パッチを防ぐため」
  8. /nl/articles/2009/29/news018.jpg ソシャゲのガチャ、物欲センサーで外れを引いたと思ったら…… 思わぬところでレアを引いた漫画にときめく
  9. /nl/articles/2009/28/news085.jpg 虚構新聞が謝罪 運動会のリレーで感染症に“2メートルのロングバトン使用”が事実に、長さまで一致
  10. /nl/articles/2008/31/news101.jpg 「ホラー感がすごい」 「半沢直樹」白井大臣、銀行の一致団結に屈す 崩れ落ちた“片目開眼”で視聴者を圧倒