ニュース
» 2019年06月07日 17時14分 公開

ガンホー株価が値下がり率上位 「ラグナロク マスターズ」セルラン伸び悩み?

まだリリースされたばかりですが。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年6月7日の株式市場で、ガンホー・オンライン・エンターテイメント(東証1部)が前日比28円安(-8.86%)の288円と大幅安。値下がり率は全市場で3位でした。

 ガンホーは6月5日、基本無料のスマートフォン向けRPG「ラグナロク マスターズ」(ラグマス)をiOS、Android向けにリリース。PC向けオンラインRPG「ラグナロクオンライン」のスマホ版といえるアプリで、海外では「Ragnarok M」として先行配信し、3月末時点で2400万ダウンロードを突破しています。

photo 6月5日にリリースされた「ラグナロク マスターズ」

 かつての大人気オンラインRPGのスマホ版とあって、リリース時にはTwitterのトレンドに入るなど話題になり、楽しんでいるというユーザーの声も多かったようです。ただ、iOS向けのApp Store、Android向けのGoogle Playでは、無料ゲームのランキングで上位になっているものの、セールス(課金)ランキング(セルラン)は伸び悩んでいるもようです。

 スマホアプリの利用動向を調査するApp Annieの6月6日付ランキングによると、iOS版は無料ゲームで4位ですが、セールスでは50位以下(圏外)。Android版は無料ゲームで11位、セールスでは50位以下(圏外)でした。一方、ガンホーの主力「パズル&ドラゴンズ」のセールスはiOSで11位、Androidで9位と上位を維持しています。

photo App Annieのランキング(6月6日付)では、「ラグナロク マスターズ」は無料ゲームでは上位

 ガンホーは1〜3月期決算で利益が倍増(関連記事)し、ラグマスの国内リリースへの期待もあって4月まで株価が上昇していました。アプリが実際にリリースされたことによる一服感に加え、現時点でセルランが伸び悩んでいることが売りにつながったようです。

photo ガンホーの株価推移(Yahoo! ファイナンスより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.