ニュース
» 2019年06月09日 21時00分 公開

地上220メートル、360度見渡せる天空プール ロンドンのビル屋上に建設へ

空を泳ぐってどんな気持ちだろう……。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 英企業Compass Poolsが、ロンドンの高層ビル屋上に街を360度一望できるアクリル製のプールを建設することを発表し話題となっています。


インフィニティ・ロンドン 55階の屋上に建設予定のプール

 このプールはインフィニティ・ロンドン( Infinity London)と呼ばれ、地上220メートルのビルの屋上に60万トンもの水を蓄えます。レムニスケート(連珠形)「∞」をコンセプトとしてインフィニティ(無限)の言葉を使っているようですが、その名の通り、このプールは遊泳する人の視界を遮ることなく360度無限に広がる上空からの眺望を楽しめそうです。


インフィニティ・ロンドン 上下左右前方、全てにロンドンの街並みが視界に飛び込んでくる天空のプール

 プールの側面と底面にはガラスではなくアクリルキャスト板を使用。水と同じ波長で光を透過させるためプールはほぼ完全に透明に見えます。プールの底も透明に見えるため、ビル内部からは遊泳者と上空が見えるようになっています。

 Compass Poolsのプールデザイナー兼テクニカルディレクターのアレックス・ケムズリー氏は「プールを設計するときに上部から底部、至るところから見晴らしが良いようにしたかったのです」と明かしています。


インフィニティ・ロンドン 水底もアクリル製のためビル内部から上空の遊泳者が見えるようになっている

 プールは屋外ということもあり風速チェックための風速計が設置されています。コンピュータ制御されたビルの管理システムで、水温を適切に保ち、プールの水が外にこぼれないよう管理しています。それだけではなくプールの温度はビルの空調からの廃熱を利用するという環境のことまで配慮された設計となっています。

 また夜間はプールに設置されたライトが、まるで宝石が散りばめたような美しさを見せるとのこと。インフィニティ・ロンドンの夜は遊泳者の心を酔わせてくれそうです。


インフィニティ・ロンドン 夜はライトアップされまるで巨大な宝石のよう...

 このプールには大きな課題があったとケムズリー氏は話しています。それはどうやってプールに出入りするかということでした。なるべく遊泳者の視界を妨げないようにするために行きついた方法が、プールの底から潜水式ポッドを浮上させ、ポッドのドアを開けて内部のらせん階段を上り降りさせることでプールに出入りできるようにするというものでした。

 今のところインフィニティ・ロンドンが建設される正確な場所は発表されていませんが、早ければ2020年に建設を着工させる予定。天空を泳ぐ快感をぜひ味わってみたいものですね。


インフィニティ・ロンドン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.