レビュー
» 2019年06月10日 10時26分 公開

兄からの性的虐待、がん、退職強要、ブラック企業……不幸を抱え込む相談者に「甘えていい」の言葉が刺さる 「テレフォン人生相談」先週のハイライト (2/2)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 「この職場が、アナタの生きがいだったり、喜びだったり、気分転換だったり……そういうことだったら、もちろん続けるのがいいと思うんですけど」「収入以外でアナタの心が軽くなることがない職場という気がするのね。辞めたらいいと思う」

 最近、上司が入れ替わったことでますます職場の環境が悪くなっており、仕事中の私語は厳禁。分からないことを聞くために声をかけただけで怒られる「管理でなく監視」という状況になっているという。病気の治療を考慮してもらう以前の問題だ。

 「(生活保護に)甘えちゃっていいんじゃない?」という三石先生の言葉に、相談者は涙ぐむ。「生活保護なんで受けずに我慢して働かなくてはいけない」という強迫観念に縛られていたようだ。生活保護までいかないまでも、ブラック企業で虐げられている人にはありがちな思考だが。

 「逆に思えばいいじゃん。また『生活保護いらない』って言える日もあるかもしれないって」

 このままでは、時間の切り売りどころか、命を縮めてるような状態だと指摘。パーソナリティの今井通子も退職を勧める。

 「前の上司からの申し送りがハッキリ伝わってない可能性もあるし、今の上司がいる限り、アナタの居場所ではないという風に私も思います」「生保、頼っていいんだよってこと、忘れないでね」

 不正受給問題などで生活保護に対する世間の目が(特にネット上で)厳しくなっているが、そのせいで本当に受給されるべき人が罪悪感を持ってしまっては本末転倒だ

 むしろ、不正受給してる人は、どんなに世間の目が厳しくなっても、罪悪感なんて抱かなそうだし……。

 真面目であるが故に、降りかかる不幸を受け入れ、抱え込んでしまっていた相談者にとって、「甘えちゃっていいんじゃない?」というのは、力強いアドバイスだったのではないだろうか。

これまでの「テレフォン人生相談」

















北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」