レビュー
» 2019年06月10日 11時35分 公開

ゲイと腐女子の恋の結末、「QUEEN」楽曲に込められた意味とは?  攻めたNHK「腐女子、うっかりゲイに告る。」最終回(1/2 ページ)

ゲイの悩みを真っ正面から取り上げた佳作だった。

[北村ヂン,ねとらぼ]

 学校でゲイバレし、自殺未遂騒動を起こし……かなりメチャクチャにな状況になった上に、彼女が体育館の壇上で、よかれと思っていろいろぶっちゃけるという、地獄のような展開となった先週(レビュー)。

 一応、あれでいろいろな問題は解決したようで(マジか!?)、エピローグ感の強い「腐女子、うっかりゲイに告る。」(NHK総合・土曜23時30分〜)最終回。


腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 紗枝(藤野涼子)が過去最大級の空気読めない行動で純(金子大地)を救い、学校を動かす!? イラスト/北村ヂン

ただの中二病かよ!

 亡くなったチャット仲間・ファーレンハイト(声・小野賢章)から頼まれていた「僕が彼からもらった『QUEEN II』を彼の墓に供えてくれ」という約束を果たすため、会ったことのないファーレンハイトの実家へと向かう安藤純(金子大地)。なぜか三浦紗枝(藤野涼子)と一緒に。

 ファーレンハイトの母親は、同性愛者であるはずの純が彼女を一緒にやって来たのを見ていぶかしがる。

 「彼女と付き合うことで自分を変えようとしました。結局、ダメだったんですけど」

 「そんなに大切だって思えたんなら、『異性愛者になった』って言ってもいいんじゃないですか?」

 「あり得ないです。僕が好きな男性を思う気持ちと、彼女を思う気持ちはまったく違います

 「……治らなかったんですねぇ

 一連の騒動によって、それなりに理解を示そうとしてくれた純の周囲とはまったく違う反応。恋人が亡くなったこともあるだろうが、それ以上に家族の無理解がファーレンハイトを自殺に追い込んでしまったのではないかとすら感じさせる。

 はじめて対面したファーレンハイトの遺影は、なんと思いっきり中学生。これまでチャットで送られてきた数々のアドバイスは、ファーレンハイトが年上だと思っていたからこそ、小野賢章のイケボで再生されていたが、中学生と知ったら話が違ってくる

 「ボクたちのような人間は、どうして生まれてくると思う?」

 弱々しい子どもの声で再生される言葉は、純を励ますメッセージではなく、中学生からのSOSだったのではないだろうか。誰よりも通じ合えていると思っていたファーレンハイトの本当の姿すら見抜けていなかったのだ。インターネットって難しい。

 「ただの中二病かよ!」「バッカヤロー!」

 純の叫びには「だまされていた」怒りとともに、「中学生だと知っていたら逆に助けてあげられたかもしれない」という後悔の念も含まれていた。


腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 「QUEEN II」純たちを深いところで支えてきたのは「QUEEN」の楽曲、存在だった

魂の深いところでつながっているふたり

 ファーレンハイトの彼氏の墓にCDを供えた帰り、ふたりは海辺に座って純の一番好きなQUEEN楽曲「Love Of My Life」を聴く。

 フレディ・マーキュリーが、かつて婚約までしていた女性の恋人メアリー・オースティンと別れた時に作ったといわれている曲だ

 「こんなキレイな曲ができるくらい好きだったんだね、その人のこと」

 「結婚して子どもをもうけてっていう男女の関係にはなれなかったけど、魂の深いところでつながっているふたりだったんだ」

 純も紗枝も、フレディ&メアリーを自分たちの関係と重ね合わせながら聴いていたことだろう。

 「安藤くん、私たち別れよう!」「よし、これで振ったの私だからね!」

 泣きそうな表情で強がりを言う藤野涼子ちゃんの演技がタマラナイ。どこまでいい子なんだ……(体育館でぶっちゃけた件はどうかと思うけど)。

 フレディとメアリーは別れた後も固い絆で結ばれており、後にメアリーが別の男性と結婚して子どもを生んだ際には、フレディがその子の名付け親となっている。ふたりも将来、そんな関係になっていたらいいな。


腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。 8話の紗枝ナイスシーン。ほんとにいい娘だよ イラスト/北村ヂン

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい