ニュース
» 2019年06月11日 08時00分 公開

ジバンシイの目力に特化したアイメイクコスメがカッコイイ しかも24時間キレイが続く!

目力強めなアイメイクによさそう。

[式,ねとらぼ]

 パルファム ジバンシイは、24時間キープできるマスカラ「ボリューム・ディスタービア」とアイライナー2種「ライナー・ディスタービア」「フェノメン・アイズ・ライナー」、アンテルディシリーズのアイシャドウ「オンブル・アンテルディ」を7月5日から販売します。

ジバンシイ24アイメイク ディスタービアシリーズのパッケージはスタイリッシュでカッコイイ
ジバンシイ24アイメイク アイシャドウはジバンシイの“禁断”シリーズの名がついています

 今回登場するジバンシイのアイメイクコスメ4製品は、迫力のあるまなざしを作るマスカラとアイライナー、全8色のカラーラインアップのリキッドアイライナー、メタリックとマットの2つの質感がそろうクリームアイシャドウです。ウォータープルーフ処方、ウォーターレジスタント処方などが施され、24時間崩れずに美しいメイクをキープしてくれます。パッケージもスタイリッシュでクールなアイテムがそろっているのも魅力です。

ジバンシイ24アイメイク こういうカッコイイ目元を作りたい

 「ボリューム・ディスタービア」(新色1色、限定1色 各3700円/以下、全て税別)は、ボリュームアップに重きをおいた、色の強いマスカラです。なめらかで伸びがよく、ダマになりづらいマスカラがまつ毛を包み込み、ひと塗りでボリュームアップしてくれます。また、「ボリューム・ディスタービア」独自のソフトなシリコンタイプのスペシャルコームブラシは、側面に小さな穴があしらわれ、中央の空洞にたっぷりマスカラ液を含んでくれるので、適量をまつ毛に塗れるようになっています。墨のような力強い漆黒の「No.01 ブラック・ディスタービア」に加え、限定色のダークレッド「No.02 レッド・ディスタービア」が登場します。このボリュームが24時間キープできるのはいいですね。

ジバンシイ24アイメイクジバンシイ24アイメイク 「ボリューム・ディスタービア」
ジバンシイ24アイメイク 「No.01 ブラック・ディスタービア」(上)、「No.02 レッド・ディスタービア」(下)

 2種類出るアイライナーのうちの1つ、「ライナー・ディスタービア」(全1色 3700円)は、フェルトペンタイプのアイライナー。発色のよいなめらかなカーボンブラック顔料が、しっかり密着します。太いラインも細いラインも自在に描け、24時間力強いアイラインをキープしてくれます。

ジバンシイ24アイメイク 「ライナー・ディスタービア」

 カラーバリエーションが豊富な「フェノメン・アイズ・ライナー」(新色7色、限定1色 4200円)は、ブラシタイプのリキッド アイライナーです。リキッドジェルのような伸びがよく定着力の高いリキッドで、なめらかにラインを描けます。

ジバンシイ24アイメイク 「フェノメン・アイズ・ライナー」

 「フェノメン・アイズ・ライナー」はグリッター系の6色とツヤ系の2色をラインアップ。目元を華やかに演出できます。グリッター系の「No.01 シマー・シルバー」はシャープで涼しげな印象のメタリックシルバー。スタイリッシュでラグジュアリーなテイストのメタリックゴールド「グリマー・ゴールド」は、目尻などにアクセントに使うのも面白そうです。「No.03 ブライト・ブロンズ」は、あたたかな印象でフェミニンなメタリックブロンズです。

 明るく鮮やかな色味のメタリックパープル「ポップ・パープル」は、遊び心あるポップなカラー。パープルをもっと華やかにしたような「No.05 パーリィ・ピンク」は、キュートで軽やかなメタリックピンクです。「No.06 ボールド・ブルー」も鮮やかで印象的なメタリックブルー。ピンクやパープルと合わせて使ったり、暖色系のアイシャドウにアクセントで使うのもよさそうですね。

 ツヤ系は、力強く艶のあるインテンス・ブラックの「No.07 ヴィニル・ブラック」と、限定色の鮮やかで濃いインテンス・レッド「No.08 ラディカル・レッド」の2色です。

ジバンシイ24アイメイク 「フェノメン・アイズ・ライナー」のカラーラインアップ
ジバンシイ24アイメイク 左から「No.07 ヴィニル・ブラック」、グリッター入りシェード、「No.08 ラディカル・レッド」のパッケージ

 「オンブル・アンテルディ」(全6色 3800円)は、軽やかでクリーミィな付け心地が楽しそうなリキッドアイシャドウです。スムージングワックスの効果でスルスルと肌に伸び、やわらかな使用感でぴったりフィット。一度塗りでしっかりと発色し、目元の印象を瞬時に変化させます。色はパールのような繊細な光沢をイメージしたメタリックカラーの4色と、明るくマットな2色が登場します。

ジバンシイ24アイメイク 「オンブル・アンテルディ」

 メタリックカラーの「No.01 ピンク・クオーツ」は、明るいホワイトピンク。自然な色合いで、ハイライトにも使えます。温かみのある「No.04 ゴールド・スピリット」はオレンジがかったウォームゴールド。カーキブロンズな「No.05 アウトライン・ブロンズ」は、見る角度で印象が変わるようです。シルバーパールに輝く「No.06 シルバー・ブルー」は、コールドグレー。クールでスタイリッシュな目元を演出できます。

 マットカラーのラインアップは、ほのかにくすんだアースピンクの「No.02 グラフィック・ヌード」。そして、やわらかいナチュラルブラウンの「No.03 ヴィンテージ・ブラウン」です。どちらも単色でスタイリッシュに仕上げてもいいですし、他のカラーと合わせてモードメイクに仕上げることもできそうです。

ジバンシイ24アイメイク 「オンブル・アンテルディ」のカラーラインアップ

 ディスタービアシリーズは、映画の「ディスタービア」と同じ意味合い(disturbとsuburbiaから成る造語で「かき乱すもの、妨げるもの」)で命名したのだとしたら、物凄く迫力のあるネーミングですね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  6. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  7. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  8. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  9. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10