ニュース
» 2019年06月11日 08時00分 公開

ジバンシイの目力に特化したアイメイクコスメがカッコイイ しかも24時間キレイが続く!

目力強めなアイメイクによさそう。

[式,ねとらぼ]

 パルファム ジバンシイは、24時間キープできるマスカラ「ボリューム・ディスタービア」とアイライナー2種「ライナー・ディスタービア」「フェノメン・アイズ・ライナー」、アンテルディシリーズのアイシャドウ「オンブル・アンテルディ」を7月5日から販売します。

ジバンシイ24アイメイク ディスタービアシリーズのパッケージはスタイリッシュでカッコイイ
ジバンシイ24アイメイク アイシャドウはジバンシイの“禁断”シリーズの名がついています

 今回登場するジバンシイのアイメイクコスメ4製品は、迫力のあるまなざしを作るマスカラとアイライナー、全8色のカラーラインアップのリキッドアイライナー、メタリックとマットの2つの質感がそろうクリームアイシャドウです。ウォータープルーフ処方、ウォーターレジスタント処方などが施され、24時間崩れずに美しいメイクをキープしてくれます。パッケージもスタイリッシュでクールなアイテムがそろっているのも魅力です。

ジバンシイ24アイメイク こういうカッコイイ目元を作りたい

 「ボリューム・ディスタービア」(新色1色、限定1色 各3700円/以下、全て税別)は、ボリュームアップに重きをおいた、色の強いマスカラです。なめらかで伸びがよく、ダマになりづらいマスカラがまつ毛を包み込み、ひと塗りでボリュームアップしてくれます。また、「ボリューム・ディスタービア」独自のソフトなシリコンタイプのスペシャルコームブラシは、側面に小さな穴があしらわれ、中央の空洞にたっぷりマスカラ液を含んでくれるので、適量をまつ毛に塗れるようになっています。墨のような力強い漆黒の「No.01 ブラック・ディスタービア」に加え、限定色のダークレッド「No.02 レッド・ディスタービア」が登場します。このボリュームが24時間キープできるのはいいですね。

ジバンシイ24アイメイクジバンシイ24アイメイク 「ボリューム・ディスタービア」
ジバンシイ24アイメイク 「No.01 ブラック・ディスタービア」(上)、「No.02 レッド・ディスタービア」(下)

 2種類出るアイライナーのうちの1つ、「ライナー・ディスタービア」(全1色 3700円)は、フェルトペンタイプのアイライナー。発色のよいなめらかなカーボンブラック顔料が、しっかり密着します。太いラインも細いラインも自在に描け、24時間力強いアイラインをキープしてくれます。

ジバンシイ24アイメイク 「ライナー・ディスタービア」

 カラーバリエーションが豊富な「フェノメン・アイズ・ライナー」(新色7色、限定1色 4200円)は、ブラシタイプのリキッド アイライナーです。リキッドジェルのような伸びがよく定着力の高いリキッドで、なめらかにラインを描けます。

ジバンシイ24アイメイク 「フェノメン・アイズ・ライナー」

 「フェノメン・アイズ・ライナー」はグリッター系の6色とツヤ系の2色をラインアップ。目元を華やかに演出できます。グリッター系の「No.01 シマー・シルバー」はシャープで涼しげな印象のメタリックシルバー。スタイリッシュでラグジュアリーなテイストのメタリックゴールド「グリマー・ゴールド」は、目尻などにアクセントに使うのも面白そうです。「No.03 ブライト・ブロンズ」は、あたたかな印象でフェミニンなメタリックブロンズです。

 明るく鮮やかな色味のメタリックパープル「ポップ・パープル」は、遊び心あるポップなカラー。パープルをもっと華やかにしたような「No.05 パーリィ・ピンク」は、キュートで軽やかなメタリックピンクです。「No.06 ボールド・ブルー」も鮮やかで印象的なメタリックブルー。ピンクやパープルと合わせて使ったり、暖色系のアイシャドウにアクセントで使うのもよさそうですね。

 ツヤ系は、力強く艶のあるインテンス・ブラックの「No.07 ヴィニル・ブラック」と、限定色の鮮やかで濃いインテンス・レッド「No.08 ラディカル・レッド」の2色です。

ジバンシイ24アイメイク 「フェノメン・アイズ・ライナー」のカラーラインアップ
ジバンシイ24アイメイク 左から「No.07 ヴィニル・ブラック」、グリッター入りシェード、「No.08 ラディカル・レッド」のパッケージ

 「オンブル・アンテルディ」(全6色 3800円)は、軽やかでクリーミィな付け心地が楽しそうなリキッドアイシャドウです。スムージングワックスの効果でスルスルと肌に伸び、やわらかな使用感でぴったりフィット。一度塗りでしっかりと発色し、目元の印象を瞬時に変化させます。色はパールのような繊細な光沢をイメージしたメタリックカラーの4色と、明るくマットな2色が登場します。

ジバンシイ24アイメイク 「オンブル・アンテルディ」

 メタリックカラーの「No.01 ピンク・クオーツ」は、明るいホワイトピンク。自然な色合いで、ハイライトにも使えます。温かみのある「No.04 ゴールド・スピリット」はオレンジがかったウォームゴールド。カーキブロンズな「No.05 アウトライン・ブロンズ」は、見る角度で印象が変わるようです。シルバーパールに輝く「No.06 シルバー・ブルー」は、コールドグレー。クールでスタイリッシュな目元を演出できます。

 マットカラーのラインアップは、ほのかにくすんだアースピンクの「No.02 グラフィック・ヌード」。そして、やわらかいナチュラルブラウンの「No.03 ヴィンテージ・ブラウン」です。どちらも単色でスタイリッシュに仕上げてもいいですし、他のカラーと合わせてモードメイクに仕上げることもできそうです。

ジバンシイ24アイメイク 「オンブル・アンテルディ」のカラーラインアップ

 ディスタービアシリーズは、映画の「ディスタービア」と同じ意味合い(disturbとsuburbiaから成る造語で「かき乱すもの、妨げるもの」)で命名したのだとしたら、物凄く迫力のあるネーミングですね……。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」