ニュース
» 2019年06月12日 07時30分 公開

新入社員のときに上司に毎日怒鳴られ…… 上司の立場になってその経験を反面教師にした漫画に反響

ただ怒鳴り散らすだけでは部下は育たない。

[林美由紀,ねとらぼ]

 新入社員のときに上司に怒鳴られた経験をした人が、上司となった今、部下に対して実践している事を描いた漫画に共感する声が集まっています。作者はガンドマンタロウ(@daizya55)さん。


いい上司04 とにかく怒鳴られた新人時代

 勉強も運動も苦手で不器用だったというガンドマンタロウさんは、高校卒業後に入社した職場で「こんなこともできないのか!」「余計なことするな!」「酒を飲め!」など、毎日のように怒鳴られていました。そのようなことから仕事が続かず退職。再就職するもそこでも怒られてばかりで退職……それを数回繰り返していました。

 家族にも「また仕事やめたの?」と言われて苦しい思いもしましたが、ようやく落ち着ける職場を見つけます。そこでは厳しくはありましたが、「怒鳴る」「怒る」ではなく「叱ってくれる」上司に出会えたのです。


いい上司01 怒鳴るタイプの上司だった


いい上司02 落ち着ける職場で「怒る」ではなく「叱ってくれる」上司に会う

 そんな職場での仕事もそろそろ10年で、上司という立場になったガンドマンタロウさんは、過去の経験を生かして部下に接することを心がけているといいます。それは「部下を甘やかす」「何度でも教えてあげる」「何していいかわからない部下に仕事をお願いする」「暇な時期は部下に有給を取らせる」こと。

 ガンドマンタロウさんの部下は真面目で職場の雰囲気も良好なのだとか。これもガンドマンタロウさんという上司のおかげなのではないでしょうか。かつての上司と同じ立場になってあらためて思ったことは、「地位や立場を利用し、正論だからと言って人を怒鳴り散らす人は上司としてクソであるということ」。理不尽な対応は相手の意欲をそいでしまいますよね……。


いい上司03 経験を生かしてステキな上司に!

 「自分が厳しくされたから他人にも厳しくする」というのは部活や会社などでよく聞く話ですが、本当は部下の個性やスキルに合った育て方をするのが上司の力量。少なくともただ怒鳴り散らすだけでは嫌な印象しか伝わらないし、信頼関係も結べない。だからこそ、自分の受けた仕打ちを反面教師にするガンドマンタロウさんみたいな上司が欲しい!

 読者からは「あなたのような上司の元で働きたい」「萎縮するほど怒鳴るのは、怒鳴る方も疲れるし失敗した子も凹んで後々の作業に響くから悪循環」「【立場を利用したハラスメント】多い」など共感を得ています。

画像提供:ガンドマンタロウ(@daizya55)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」