ニュース
» 2019年06月13日 19時30分 公開

「インターネットの争いを見るのがやめられない」 日常の“あるある”を素朴に描く「暮らすモグラの4コマ漫画」

とぼけた風味のモグラたちが、普通に人間らしく暮らす世界。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 擬人化されたモグラたちの、人間と同様の生活を描く「暮らすモグラの4コマ漫画」シリーズが、素朴でいてクセになりそうな味わいです。


アイキャッチ 人間社会をモグラに置き換えたような世界観。モグラも「寝スマホ」でネットを見てしまう

 Webメディア「オモコロ」のコンペ企画「第6回オモコロ杯」で、審査員個人賞に輝いた連作4コマ。その後、作者のびわ原(@biwahara)さんがTwitterでも紹介したところ、エピソード「was born to...」が広く注目を集めました。


 主人公のモグラは、漫画を読みながら「私も『よつばと!』のように愉快に暮らしたい」……とぽつり。それでもついつい、「インターネットの争いを見るのがやめられない」と、スマホに釘付けになってしまいます。またあるときは、テレビを見ながら「私も『ピタゴラスイッチ』のように本質的なことを考えていたい……」と願いますが、やはりスマホでインターネットの争いを見てしまうのでした。


was born to...

 ほかにも、カレー屋で注文時に辛さの選択をミスったり、ちょっと良いめのパン屋さんで値段を見ずに買って会計で驚いたり、ふとした“あるある”をとぼけた絵柄で描写。かと思えば、急にスシローの「あぶりサーモンバジルチーズ」の味を抽象画と正弦波グラフで表現したりするので油断がなりません。


凡ミス たまにある、注意書きをよく読まないと辛さの基準がよく分からないカレー屋

価値 ガマンしてたら漫画が買えてた……

快 この4コマ、なんとなく味がする!

 Twitterでは、シリーズから派生した1コマ漫画も公開。ビジネスマンが客をエレベーターで見送るシチュエーションに巻き込まれ、「閉」ボタンを押すタイミングに迷う第三者を簡潔に表して、広く共感を呼びました。早すぎても無礼な気がしますし、かといって遅いと会釈し続けさせることになってしまいますし、気まずいですもんね……。


閉 気まずい感じ分かる


作品提供:びわ原(@biwahara)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」