ニュース
» 2019年06月13日 15時54分 公開

自作PCパーツの商社「マスタードシード」が破産

販売量が鈍化していたとのこと。

[ITmedia]

 東京商工リサーチによると、自作PCパーツの卸販売を手がけていた商社「マスタードシード」(東京都)が6月12日、東京地裁から破産開始決定を受けました。負債総額は約20億円とのことです。

photo マスタードシードのWebサイト

 海外メーカー製のメモリやSSD、電源、マザーボードなど自作PC用のパーツを扱い、一部メーカーの国内販売代理店にもなっていました。東京・秋葉原の専門ショップに加え、大手家電量販店向け販売が拡大し、2016年12月期には51億4942億円の売上高を計上していました。

 業容が拡大するにつれ資金需要が増え、金融債務の負担が重くなっていたところに、同業他社との価格競争や販売量の鈍化などで業績が悪化。資金繰りが限界に達し、3月には事業を停止していました

photo さまざまな自作PCパーツを扱っていた

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.