ニュース
» 2019年06月13日 19時55分 公開

ロードキル現場で目撃されたアナグマの親子のつらい別れに反響 「ただただ悲しい」「運転気をつけよう」

野生動物との交通事故が引き起こした悲しい現実。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ニホンアナグマのロードキル現場で、回収される親のアナグマを寂しそうに見つめる子どものアナグマが目撃され、そのつらい別れと悲しい現実にさまざまな声が寄せられています



 勇魚屋(@isanaya223)さんが死んでしまったアナグマを見つけたのは近所の茶畑。手袋やビニール袋を準備して現場に向かい親アナグマを回収していると、まだ小さい子アナグマが草陰から出てきて、その様子を寂しそうに見つめながら、袋に入れられた親アナグマに近づく姿が見られます。


アナグマ ロードキル 親子 つらい別れ 野生動物 事故 死んだ親のアナグマを回収していると、子どものアナグマが

 人間を警戒しつつもその場から離れられないといった感じで、それから数時間たった夕方にも、車の音におびえながら、まだそこでウロウロする子アナグマの姿が見られたとのこと。ツイートでは、かわいそうだからと連れて帰るのも、エサをあげることも無責任な行動となってしまうため、心の中で「たくましく生きてくれよ」と願い、心を痛めながらもその場でお別れとなったことが語られています。これはただただつらい……。


アナグマ ロードキル 親子 つらい別れ 野生動物 事故 寂しそうに親を見つめる子アナグマ

 今回のきっかけを生んだ「ロードキル」とは、車による野生動物の死亡事故のこと。野生動物の生息域に道路が整備されたことで発生し、「動物注意」の標識がある一般道路だけでなく、侵入防止対策が施された高速道路などでも多発しています。

 もし運転中に野生動物に遭遇した場合、車同士の大きな事故等につながる急ハンドルは危険なため、止まって回避できない場合には衝突するしかない場面も(※小型動物の場合)。そのため遭遇しやすい場所、特にタヌキなどが出現しやすい夜間から早朝は普段より慎重に運転し、動物の目が光って見つけやすくなる上向きライトを状況によって使うのも有効とされています(JAF公式サイト参照)

 なお、もし衝突してしまった場合には、まず警察に連絡。そして動物が生きている場合には素手で触らないよう注意しつつ、動物病院や保護施設に運び(※治療費は基本的にドライバー負担)、それが難しい場合には電話で指示を仰ぎましょう。また亡くなっていた場合は動物を路肩に移動し、ひかれた動物を発見した場合には道路緊急ダイヤル「#9910」に連絡することで二次事故を防ぐことにつながります。

 コメントでは子アナグマを思う声が多く寄せられ、同時にそこで起こっている悲しい現実を知って「今まで以上に運転気をつけよう」とあらためて気を引き締める声が上がっています。


アナグマ ロードキル 親子 つらい別れ 野生動物 事故 人間だけでなく動物との交通事故にも気をつけたい

画像提供:@isanaya223さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む