ニュース
» 2017年04月09日 17時00分 公開

アナグマが自分より大きい子牛を埋める動画が完全にプロの犯行 貯蔵して数カ月食べ続ける

偶然、初めて観察されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アメリカのユタ大学が、自身より大きい子牛を埋める貴重なアナグマの動画をYouTubeで公開しました。これは見事な穴掘り技術。



 もともとアナグマは、冷蔵庫に入れるようにウサギなどの食料を巣穴に貯蔵して長持ちさせるのが知られていましたが、子牛のような大きい獲物を埋めるのを観察したのは今回が初めて。

 動画では5日間かけて穴を掘り、地上に倒れた子牛の屠体(とたい)を完全に埋めるまでが確認できます。


アナグマ 牛 埋める 牛の死体を発見したアナグマさん

アナグマ 牛 埋める 周囲から掘るように徐々に埋めていきます

アナグマ 牛 埋める 見事に地上から姿を消す牛……!

 ユタ州の砂漠で観察に成功した同大学のエバン・ブリューレー(Evan Buechley)氏は、最初はコヨーテやマウンテンライオンが引きずっていったと思っていたそうです。しかし周囲に痕跡が何もなかったため、子牛と同時に設置していたカメラを見てみた結果、犯人がアナグマだったことが発覚。

 その記録によると1月に埋め終わった後は付近にまた穴を掘り、そこに断続的に通っては牛を食べ続け、なんとそれが3月ごろまで続いていたとのことです。


アナグマ 牛 埋める まさにプロの犯行でした

 形態や遺伝的なことは知られていても、行動に関しては不明な点が多いアナグマ。今回の研究成果は科学誌「Western North American Naturalist」に掲載されています。

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」