ニュース
» 2017年04月09日 17時00分 公開

アナグマが自分より大きい子牛を埋める動画が完全にプロの犯行 貯蔵して数カ月食べ続ける

偶然、初めて観察されました。

[宮原れい,ねとらぼ]

 アメリカのユタ大学が、自身より大きい子牛を埋める貴重なアナグマの動画をYouTubeで公開しました。これは見事な穴掘り技術。



 もともとアナグマは、冷蔵庫に入れるようにウサギなどの食料を巣穴に貯蔵して長持ちさせるのが知られていましたが、子牛のような大きい獲物を埋めるのを観察したのは今回が初めて。

 動画では5日間かけて穴を掘り、地上に倒れた子牛の屠体(とたい)を完全に埋めるまでが確認できます。


アナグマ 牛 埋める 牛の死体を発見したアナグマさん

アナグマ 牛 埋める 周囲から掘るように徐々に埋めていきます

アナグマ 牛 埋める 見事に地上から姿を消す牛……!

 ユタ州の砂漠で観察に成功した同大学のエバン・ブリューレー(Evan Buechley)氏は、最初はコヨーテやマウンテンライオンが引きずっていったと思っていたそうです。しかし周囲に痕跡が何もなかったため、子牛と同時に設置していたカメラを見てみた結果、犯人がアナグマだったことが発覚。

 その記録によると1月に埋め終わった後は付近にまた穴を掘り、そこに断続的に通っては牛を食べ続け、なんとそれが3月ごろまで続いていたとのことです。


アナグマ 牛 埋める まさにプロの犯行でした

 形態や遺伝的なことは知られていても、行動に関しては不明な点が多いアナグマ。今回の研究成果は科学誌「Western North American Naturalist」に掲載されています。

(宮原れい)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/18/news019.jpg 武田真治、世界限定500台の愛車「ダッジチャレンジャー MOPAR10」を初公開 “ゴジラ怪獣”仕様のテールランプに「後ろ姿カッコいい」とご満悦
  2. /nl/articles/2104/18/news007.jpg 「生後8カ月でこの大きさ!?」「おっきい猫ちゃん最高ですね」 デカモフに成長した子猫のビフォーアフターに称賛集まる
  3. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  4. /nl/articles/2104/18/news008.jpg オヤツの時間に、猫たちが乱入してきて…… 大乱闘を始める猫ちゃんとあきれる息子くんの光景が面白い
  5. /nl/articles/2102/02/news012.jpg 台風の雨の日に出会った小さな猫→でっかい猫に! 貫禄たっぷりに大成長した姿に「よかったね」「幸せそう」の声
  6. /nl/articles/2012/15/news014.jpg 「メインクーンの成長恐るべし」 手のひらに乗っていた子猫時代→現在のビフォーアフターが想像を超えていく
  7. /nl/articles/2104/17/news006.jpg 「なんかデカくないですか?」「軽く恐怖感じた笑」 飼い主を出迎えるポメラニアンの姿に驚きの声
  8. /nl/articles/2104/18/news001.jpg 猫「これは一体なんなのニャ……」 ポップコーンマシンに興味津々な猫ちゃんがかわいい
  9. /nl/articles/2104/18/news023.jpg サンシャイン池崎、「エヴァQ」3分解説が空前絶後の分かりやすさ “碇シンジ=小島よしお”の謎設定が天才的
  10. /nl/articles/2104/18/news005.jpg 「パパとママ守る、だからね……」 ほのぼのムードから急にキルアみたいなことを言う娘の漫画が怖くて笑う