ニュース
» 2019年06月13日 20時45分 公開

「ビリーズブートキャンプ」のビリー隊長が帰ってきた……! 「N高」が新しい運動プログラムを開講 一般にも公開予定

「ビリーズブートキャンプ」の考案者ビリー氏が講師となって教えてくれます。

[宮原れい,ねとらぼ]

 カドカワの通信制学校「N高等学校」は6月13日、新たな運動系プログラム「BILLY’S NET CAMP(ビリーズネットキャンプ)」を発表。平成に人気を集めたエクササイズDVD「ビリーズブートキャンプ」の考案者ビリー・ブランクス氏を講師に招いて、インターネットを通して行うオンライン授業として開講します。本物のビリー隊長じゃないか……!


N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング 「BILLY’S NET CAMP」開講発表会の様子


N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング BILLY’S NET CAMPのロゴ

 事前に同生徒たちに行ったアンケートによると、94.7%の生徒が「運動は必要だ」と答えた一方、52.4%が「運動は嫌い」と回答。そんな苦手意識から運動習慣のない生徒でも簡単に取り組めるプログラムを、カリフォルニア大学ロサンゼルス校などでフィットネスの授業を受け持つビリー氏が創作し指導します。


N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング N高等学校の「N」が入ったウエアを着用するビリー隊長

N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング 発表会でも実際にトレーニング

 まず毎週金曜朝10時には、インターネットを通じてビリー氏がアメリカからリアルタイム指導する「LIVE!トレーニング」を実施。さらに週5回毎朝7時には、運動を習慣化させるための簡単にできる運動やストレッチの1分ほどの動画を、Twitter(@NhighB)やInstagramを通じて配信。後者の「VIDEO!トレーニング」は6カ月間継続され、合計で約120本の動画が一般にも公開される予定です。



 高校生に授業として教えるのが初の試みとなるビリー氏は、「格闘家が夢見る日本の国に自分が考案したエクササイズでデビューを果たすことで、日本の皆の心を開く機会ができ、フィットネスは、外側からではなく、内側から変えるということを理解してもらう姿を見る事ができた。そして、誰もがパワーを持っていると自覚してもらえることができた。授業の開始が待ちきれない」と、熱いメッセージを寄せています。


N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング N高等学校の「N」を表現したものや

N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング 現代風にスマートフォンを使用したものなど、さまざまなな運動を配信予定

N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング これがビリーズネットキャンプ……!

ビリー・ブランクス氏(Professor of Recreation Department at University of California, Los Angeles)

プロフィール


N高等学校 BILLY’S NET CAMP ビリーズブートキャンプ ビリー・ブランクス 講師 トレーニング

1955年9月1日アメリカ合衆国ペンシルベニア州生まれ。11歳から格闘技の研究を始め、7度の空手世界チャンピオン、テコンドーの8段所持者となり、そのほか7種の武術で黒帯を取得。2006年7月に『ビリーズブートキャンプ』日本語字幕版を発売。以来、TVショッピングや日本国内のネットコミュニティで人気が高まり、社会現象になった。2001年から現在までカリフォルニア大学ロサンゼルス校で教鞭をとり続け、その他アリゾナ大学やインディアナ大学などでも実践型体育授業を行う。内気で病弱だった自身の経験から、困難を乗り越える力、継続する重要さなどを生徒に寄り添って教えていている。

2001年にFICUで「Honorary Doctor of Spiritual and Physical Fitness」で受章。「The President’s Council for Sports, Fitness, and Nutrition」の評議員の一人。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む