ニュース
» 2019年06月13日 22時03分 公開

ポケモン最新作では“「メガシンカ」「Zワザ」が登場しない”と報道 トレーナーたちに動揺広がる

「ダイマックス」が代替システムに?

[ねとらぼ]

 2019年11月15日に発売が予定されている「ポケットモンスター ソード・シールド」に、過去シリーズの人気システム「メガシンカ」「Zワザ」が登場しないことをファミ通.comが報じ、ポケモントレーナーたちの間で動揺が広がっています、


ポケモン メガシンカ 期待の新作「ソード・シールド」


 「メガシンカ」は、一定の条件を満たしてメガシンカすることで、特定のポケモンの見た目・能力値・とくせい・タイプなどが一時的に変化(基本的には強化)されるというもの。「Zワザ」は、ポケモンに「Zクリスタル」をもたせることで強力なワザを撃てるようになるというもの。「メガシンカ」「Zワザ」はともにバトル中にそれぞれ一度だけ発動可能なもので、もともと深い駆け引きが楽しめるポケモンバトルにさらなるアクセントを加える要素となっていました。


ポケモン メガシンカ カビゴン専用のZワザ「ほんきをだすこうげき」。Zワザは派手な演出も人気でした

 「ポケットモンスター ソード・シールド」では過去作のポケモンが全て登場するわけではないことが明言されています(関連記事)。その決断の背景には「ハードがNintendo Switchになり、各ポケモンの表現が非常に豊かになったこと」と「ポケモンの種類が800を超えるほどに増えたこと」があったそうですが、今作における「メガシンカ」「Zワザ」にも同様の事情があったとみられます。


ポケモン メガシンカ プロデューサーの増田順一氏(画像はTwitchより)

 このことが報じられ、Twitterでは一時「メガシンカ」「メガZ廃止」など関連ワードがトレンド入り。特にメガシンカに関する意見が多く、「ガチ対戦するためのハードルが高すぎたので仕方ない」「(設定上、メガシンカは)ポケモン達にとって苦しいものだったから仕方ない」などの声があがっています。

 「メガシンカ」「Zワザ」はともにポケモンバトルに深みをもたせる重要な要素となっていたシステムですが、「ポケットモンスター ソード・シールド」には似た特徴をもつ新要素「ダイマックス」が登場予定。慣れ親しんだ要素がなくなるのは寂しいですが、「ダイマックス」でどんな楽しみ方が生まれるのか、今から楽しみにしたいところです。


ポケモン メガシンカ 「ソード・シールド」の目玉である「ダイマックス」では、ポケモン達が巨大化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」