ニュース
» 2019年06月13日 22時03分 公開

ポケモン最新作では“「メガシンカ」「Zワザ」が登場しない”と報道 トレーナーたちに動揺広がる

「ダイマックス」が代替システムに?

[ねとらぼ]

 2019年11月15日に発売が予定されている「ポケットモンスター ソード・シールド」に、過去シリーズの人気システム「メガシンカ」「Zワザ」が登場しないことをファミ通.comが報じ、ポケモントレーナーたちの間で動揺が広がっています、


ポケモン メガシンカ 期待の新作「ソード・シールド」


 「メガシンカ」は、一定の条件を満たしてメガシンカすることで、特定のポケモンの見た目・能力値・とくせい・タイプなどが一時的に変化(基本的には強化)されるというもの。「Zワザ」は、ポケモンに「Zクリスタル」をもたせることで強力なワザを撃てるようになるというもの。「メガシンカ」「Zワザ」はともにバトル中にそれぞれ一度だけ発動可能なもので、もともと深い駆け引きが楽しめるポケモンバトルにさらなるアクセントを加える要素となっていました。


ポケモン メガシンカ カビゴン専用のZワザ「ほんきをだすこうげき」。Zワザは派手な演出も人気でした

 「ポケットモンスター ソード・シールド」では過去作のポケモンが全て登場するわけではないことが明言されています(関連記事)。その決断の背景には「ハードがNintendo Switchになり、各ポケモンの表現が非常に豊かになったこと」と「ポケモンの種類が800を超えるほどに増えたこと」があったそうですが、今作における「メガシンカ」「Zワザ」にも同様の事情があったとみられます。


ポケモン メガシンカ プロデューサーの増田順一氏(画像はTwitchより)

 このことが報じられ、Twitterでは一時「メガシンカ」「メガZ廃止」など関連ワードがトレンド入り。特にメガシンカに関する意見が多く、「ガチ対戦するためのハードルが高すぎたので仕方ない」「(設定上、メガシンカは)ポケモン達にとって苦しいものだったから仕方ない」などの声があがっています。

 「メガシンカ」「Zワザ」はともにポケモンバトルに深みをもたせる重要な要素となっていたシステムですが、「ポケットモンスター ソード・シールド」には似た特徴をもつ新要素「ダイマックス」が登場予定。慣れ親しんだ要素がなくなるのは寂しいですが、「ダイマックス」でどんな楽しみ方が生まれるのか、今から楽しみにしたいところです。


ポケモン メガシンカ 「ソード・シールド」の目玉である「ダイマックス」では、ポケモン達が巨大化

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」