ニュース
» 2019年06月14日 18時00分 公開

激しくも楽しい猛獣“ネコ”との毎日! バイオレンスな飼い猫との日常を描いたマンガが思わずクセになる味わい

バイオレンスなバロンくんと、決しておとなしくはないラムちゃんにてんてこ舞い。

[かのん,ねとらぼ]

 飼い猫2匹との激しくも楽しい日々の生活を描いた、いほぶ こねさんのマンガ『バイオレンスバロン〜噛みつきがとまらない愛猫との日常〜』がバイオレンスとハピネスであふれています。


猫 なぜ来る!

 飼い主さんをして“猛獣”と言わしめる、ちょっと(?)凶暴で甘えん坊な憎めない6歳の「バロン」くんと、優しい性格であるものの時々謎の行動をする10歳の「ラム」ちゃん、個性的な2匹と飼い主であるいほぶさんの日常を描いています。

「もう来るな!」またお風呂に落ちるよ!

 いほぶさんが湯船につかってのんびりしていると、ぬっと現れるバロンくん。浴槽にフチに立って、後ろ向きになってお尻をフリフリしているうちに……後ろ足を踏み外してお湯にドボン! パニックになってお湯の中で大暴れし、バシャバシャ激しく動き回ります。

 何とか浴槽から脱出し、やれやれと湯船につかり直すいほぶさん。すると目の前に現れたのは……またもやバロンくん。あれだけ激しくパニックになったのに! またやってくるその無謀さに、いほぶさんも思わず「もう来るな!」と声を荒げてしまうのでした。


猫

甘えてきたかと思ったら

 いつもベッド脇のカーテンの中が定位置のラムちゃん。ある日カーテンから出てきていほぶさんにスッと近づいてきたかと思うと、「ゴッゴッゴッゴッ!」といほぶさんの体に体をこすりつけてきました。ベロベロなめてズリズリくっつくという激しい甘え方をしてくるラムちゃんに、「今日すごいよ!」と喜ぶいほぶさんでしたが……。

 ふいにカーテンの陰からプ〜ンと漂う異臭……見るとそこには黄色くしめった毛玉&粗相の跡が。これをごまかそうとして甘えまくっていた策士、ラムちゃんなのでした。


猫

おもちゃには優しいのに

 爪とぎ板で激しく爪をとぐバロンくんですが、いほぶさんが差し出したおもちゃではかなりソフトタッチで遊びます。「もっと噛んでいいよ〜」と言っても変わらずソフトタッチ。しかし「もう終わりー」と、いほぶさんがそのおもちゃを手から離した途端、「ガッ!」となぜかいほぶさんの腕をかむバロンくん……。

 おもちゃを終わりにしたから怒ったのか、かんでいいものを腕だと勘違いしたのか……さすが“猛獣”、その勢いが絵からも伝わってきます。……がんばって、いほぶさん!


猫

果てないバトル

 ときにはケンカもする2匹。にらみ合い激しいパンチの応酬です。ラムちゃんを追いかけるバロンくん。すかさずラムちゃんは自分のケージに逃げ込むものの、バロンくんはそのケージを激しく殴って攻撃します。あまりの激しさに「うるさい!」といういほぶさんの声が響きます。

 それもそのはず時刻は深夜4時、猫たちの戦いに時間帯は関係なく、ただただ飼い主が寝不足になってしまうのでした……。


猫

 5月には初の書籍『バイオレンスバロン〜噛みつきがとまらない愛猫との日常〜』も発売。いほぶさんの描く味のある表情や、猫ちゃんたちの激しい動きに思わず吹き出してしまいます。これからもバロンくんとラムちゃんのかわいくて元気で勢いのある姿が楽しみです!



画像提供:ブログ「バイオレンスバロン〜噛みつきがとまらない愛猫との日常〜」いほぶ こねさん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.