レビュー
» 2019年06月14日 11時40分 公開

「きのう何食べた?」が描く“食卓と家族の形” それぞれの「結婚」「離婚」が行き交う9話にじんわり (1/2)

ケンジときめきっぱなし。

[大山くまお, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 ドラマ24「きのう何食べた?」に登場するスーパー中村屋グッズが大量発売、ジルベールの「針ネズミ」Tシャツも「ぞう」Tシャツも! 「きのう何食べた?」展が6月13日より、東京・渋谷GALLERY X BY PARCOでスタートした(7月7日まで)。

 よしながふみによるカラー原画やモノクロ原画などはもちろん、ドラマで使用されたシロさんとケンジの衣装のほか、キッチンなどのセットまでそのまま展示されているという。人気グッズは売り切れそうなので、ファンは早めに足を運びましょう!

 さて、先週放送された「きのう何食べた?」9話は、なんとシロさん(西島秀俊)がケンジ(内野聖陽)におそろいの指輪を買ってあげるというお話。結婚式で女性に言い寄られるのが面倒なシロさんが「結界」を張るためのアイテムとして買おうとしているわけ。結婚式を挙げていた司法修習生時代の同期を演じるバッファロー吾郎Aの原作再現度がすさまじい


きのう何食べた? いただきまーすのキッチン、見てみたい イラスト/たけだあや

切り干し大根のやさぐれ感よ

 原作ではぬるっと提案するシロさんだが、ドラマでは頬杖をついてケンジの反応を楽しんでいるよう。やっぱり原作よりドラマのシロさんのほうがデレ感強め。お茶漬けを食べながら呆然とした後、「欲しい! 超欲しい!」とワナワナするケンジも愛らしかった。

 その後、指輪が「結界」アイテムだと明かされた後の、切り干し大根をつっつくやさぐれ感も最高。これがおいしそうな肉料理だったら、このやさぐれ感は出ない。切り干し大根だからいいのだ。

 指輪を買いに行った店では、試着しながらベッタリとシロさんにくっつくケンジ。シロさんも周囲をちょっと気にしながらまんざらでもなさそう。翌日、美容室に着ていったピンクのロングカーディガンがケンジの高揚感を表していた。


きのう何食べた? 9話の見どころ。シロさんからの指輪の提案に、固まったり、ふわふわしたりでいそがしいケンジ、かわいい イラスト/たけだあや

結婚しても離婚してもいいじゃない

 結婚指輪がストーリーの軸になっていた9話は、「結婚」と「離婚」が行き来するお話だった。

 シロさんが結婚式に出席していた夜、ケンジは美容室のオーナーの三宅(マキタスポーツ)から不倫が妻子に発覚したと打ち明けられていた。結婚と離婚は人生の裏表。ボヤく三宅をケンジが静かに諭す。

 「わかってる? 自分がすっごく恵まれてるって」

 妻も子もそばにいる三宅だが、そのありがたみがわかっていないようにケンジには感じられたのだろう。静かな怒りがこみあげているのがわかるセリフだ。なお、このセリフは原作にはない。

 「別れるつもりがないなら、パートナーは大事にしなよ」

 身体は横から相手の真正面へ。内野ケンジの圧を感じるカットだった。それでもパートナーを大事にしなかった三宅はこの後……。それはシーズン2(あってほしい!)以降のお楽しみ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」