レビュー
» 2019年06月14日 11時40分 公開

「きのう何食べた?」が描く“食卓と家族の形” それぞれの「結婚」「離婚」が行き交う9話にじんわり(2/2 ページ)

[大山くまお, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

 一方、シロさんが働く法律事務所は、離婚調停の案件を立て続けに手がけていた。離婚の数字を見て悲観的になる志乃(中村ゆりか)に対して、いろいろな見方が飛び交う。そんな中で、大先生(高泉淳子)の言葉が的を射ている。

 「結婚も離婚も人それぞれ。好きにすればいいと思うわ。でも、なんだろうなぁ、時々だけど、家でひとりで食べるごはんがちょっと寂しいときがあるのよねぇ」

 大先生は弁護士だった夫に先立たれた身。息子も所帯を構えて、毎日ひとりで食事をしている。ひとりの気安さ、自由さもあるが、寂しいときだってあるに決まってる。結婚してもいいし、離婚してもいい。日本での同性カップルのように結婚できないこともあれば、死別のように離婚したくなくてもひとりになってしまうこともある。

 「結局、俺が毎日ちまちまと品数多くおかずを作ってるのは、ケンジがいるからなんだよな。そう考えると、あいつの存在って大事……」

 これはシロさんの独り言。大切なのは一緒にあたたかい食卓を囲むことができるパートナー。それが「きのう何食べた?」の一番根底にあるものだ。週末の深夜、このドラマを見て心が癒やされる人が多いと思うけど、静かに涙を流している人も少なくないと聞く。

 あ、そうそう。「きのう何食べた?」展ではシロさんとケンジが買った指輪も展示されてるって。見たい〜〜! 10話は今夜0時12分から。


きのう何食べた? 美容室のオーナーの三宅(マキタスポーツ)の不倫にケンジは怒っていた イラスト/たけだあや

これまでの「きのう何食べた?」

大山くまお

ライター。「文春野球ペナントレース2019」中日ドラゴンズ監督。企画・執筆した『ドアラドリル』シリーズ発売中。

Twitter

たけだあや

イラスト、粘土。京都府出身。

Twitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」