ニュース
» 2019年06月15日 11時00分 公開

うっすら緑色で目に優しい「グリーンノート」 視覚過敏者のツイートがきっかけでロフトとハンズが販売へ

「視覚過敏で、白いノートは光の反射で使いにくい」とのうったえを見て、各社が動きました。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 「視覚過敏のせいで、白いノートは光の反射が目に痛くて使いたくない」とのツイートに、ロフト東急ハンズが反応し、地色が緑で目に優しい「グリーンノート」の販売を決定しました。


ロフト ロフトはB5・A5・B6・B7・A7の各サイズで展開

ハンズ 東急ハンズはラインアップが豊富で、B5ルーズリーフも用意。綴じノートはメーカー在庫限りとのことです

 きっかけとなったのは、「視覚過敏で苦労していた学生時代、緑色のノートが重宝した」というツイート。「現在はなかなか手に入らず、過去にまとめ買いした分を使っているが、それも尽きそうで困っている」と投稿者は述べ、新製品の発売を願っていました。


 投稿者の悩みを知った両社はグリーンノートを探し、販売体制を確保しました。ロフトはネットストアで販売を開始しており、全国55店舗でも6月18日から取り扱うとのこと。東急ハンズは16店舗で「早ければ今週末販売」としています。


 要望があってから数日で販売が決定したとあって、ネットでは迅速な対応を賞賛する声が多数。視覚過敏でなくとも、緑は見やすくてありがたいといった声も上がっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.