レビュー
» 2019年06月17日 11時10分 公開

不倫相手に7年間撮られ続けた60歳女性 心配するのは「リベンジポルノ」じゃなくて「いくらもらえるか」なの!? 「テレフォン人生相談」先週のハイライト(2/2 ページ)

[北村ヂン,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

動画が拡散されたら「離婚」では済まないと思うよ

 さらに大迫先生は、相談者が「私が捨てた!」「謝罪しろ!」「金払わせたい!」といった強気な態度でいることを不安視する。

 「向こうの方が自分に夢中なので、向こうが弱い立場だと思ってね、安心してるんじゃないかなと思いましたけど」

 「それはありますよ」

 一応、不倫相手は「(動画を)全部消した」とは言っているようだが、そうは言いつつ、まだ動画を持ち続けている可能性は高い。大迫先生は、いわゆる「リベンジポルノ」的な被害が発生するのを心配し「本当はすごく怖い場面」と言っているわけだが、相談者はいまいちピンと来ていない様子だ。

 「自分だけで見てたんじゃないかっていうことだけしか考えてないですね」

 「……うーん、まあ、今まではそうでしょうね」

 慰謝料を請求したり「警察に行く」と脅すことで不倫相手が追い詰められ、動画を拡散してしまう可能性を散々説明しているのに、相談者はどこまでものんき!

 「拡散なんかされたら大変なことになる」と言う大迫先生に対しても「はい(夫とは)離婚になると思います」との返答。離婚もするかもしれないけど、そんな動画が拡散したら、もっと大変なことになるんだよー……!

 「でも、向こうも奥さんに知られたらえらいことですよね?」

 「うん、まあそうなんだけど……。それを上から『アンタだって困るでしょう!』みたいなやり方は、うまいやり方とは思わないので。ちゃんと『人間としてこういうことはしないでね』という風に、しっかり決意してもらわないといけないと思いますよ」

 この相談者、「動画を相手に握られている」ヤバさをホントに分かっていない

 ある程度ネットを使いこなしている世代だったら、たとえ恋人相手であっても、裸を撮影させるのは危険だと分かっていると思われるが、ネットリテラシーのない60代になると、この程度の認識なのか……。

 今は、若者のバカッターや不適切動画が問題となっているが、近いうち、ネットリテラシーが低いままスマホを手にしてしまった高齢者のヤバ動画なども問題になってくるかもしれない

 ……というか、カメラ3台+スマホって、素人のハメ撮りビデオにしてはちょっと気合いが入りすぎている。普通、カメラ3台+三脚3台も持っている一般人はいないだろう。

 不倫相手が映像関係者、AV関係者だったなんてことはないんだろうか? ネットで拡散どころか、ガッチリ編集されて既に販売されていたりしないといいが。

これまでの「テレフォン人生相談」











北村ヂン

文章からイラスト、漫画、映像まで、あの手この手でインターネットのみなさんのご機嫌をうかがうハイパーメディアライターTwitter

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」