ニュース
» 2019年06月17日 16時30分 公開

毛糸で縫えるミシンがおもちゃのレベル超えてる 「毛糸ミシンhug」で刺繍や“ふわもこ縫い”を体験してきた

大人も欲しくなっちゃうすごいミシン。

[Kikka,ねとらぼ]

 毛糸で簡単にミシンが使える「毛糸ミシン」が東京おもちゃショー2019に初出展し、注目を集めています。これはおもちゃのレベル超えてる……!


おもちゃショー ミシン 毛糸 2019年10月上旬発売予定の「毛糸ミシン ふわもこHug」(税別7980円)

 創業73年のミシンメーカー「アックスヤマザキ」(大阪市)が出展したのは、2019年10月上旬発売予定の「毛糸ミシン ふわもこHug」(税別7980円)。ミシンのように、さまざまな生地を毛糸で縫えるという優れもので、特殊な針によって毛糸と生地を絡み合わせてミシンのように縫合するという特許技術が組み込まれています。


おもちゃショー ミシン 毛糸

 操作は非常に簡単で、毛糸を本体に引っ掛けてセットするだけ。あとは正面のボタンを押せばスイスイ進んでいくので、面倒な針穴通しや下糸の準備は必要ありません。また針交換は大人にしかできないような設計になっていたり、特殊針と布との間に指が入り込んでしまわないように、「針ガード」が標準装備されていたりと、とにかく安全に楽しくミシンが使えます。


おもちゃショー ミシン 毛糸

おもちゃショー ミシン 毛糸

おもちゃショー ミシン 毛糸

おもちゃショー ミシン 毛糸

 アックスヤマザキの山崎一史代表(※崎はたつさき)によると、2015年に初代「毛糸ミシン Hug」をリリース後、改良版や大人用などのバージョンを販売してきたとのこと。今回出展された「毛糸ミシン ふわもこHug」では、従来はできなかった“立体的な縫い”や“ししゅう”が可能になっており、会場では、子どもを対象に、腕に巻けるリボンや父の日に嬉しいメッセージカード、ポケットティッシュケースなどの制作が体験できるようになっていました。


おもちゃショー ミシン 毛糸 毛糸で縫い上げたポケットティッシュケース

おもちゃショー ミシン 毛糸 ふわもこ縫いが可能に!

 会場を訪れていた幼稚園生の女の子にお話を聞いたところ「すごく簡単」「すぐできる」とのこと。紙に刺繍するのは一見難しそうに見えましたが、カーブを描く縫い方も楽々とこなしているのが印象的でした。


おもちゃショー ミシン 毛糸 メッセージカードの例。見事な仕上がり

おもちゃショー ミシン 毛糸 裏面

 また編集部でも特別にふわもこ毛糸作品を作る体験をさせていただきました。まず特殊なパーツにふわもこにさせたい色の毛糸を巻き、その下に生地をあてたらボタンプッシュでミシンを稼働させます。

 そして最後まで縫いきったら、、ミシンによって輪っか状に縫われた毛糸をハサミでチョキチョキッと切るだけで、ふわもこなデザインが仕上がりました。これは簡単で楽しい……!


おもちゃショー ミシン 毛糸 完成した作品

 山崎代表はこのふわもこを作るにかなりの情熱を注いだのことで、会場での評判も上々。発売が楽しみです。

(Kikka)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10