ニュース
» 2019年06月18日 15時57分 公開

スシローと元気寿司、経営統合が破談に 「方針の違いが明確になった」

資本・業務提携も解消します。

[ねとらぼ]

 回転すしチェーン最大手のスシローグローバルホールディングス(GHD)と同業の元気寿司は6月18日、経営統合に向けた協議を中止すると発表しました。資本・業務提携も解消します。約2年前、業界を驚かせた統合計画が白紙に戻ります。

photo スシローのWebサイト
photo 元気寿司のWebサイト

 スシローGHDと元気寿司、両社の筆頭株主で米卸の神明ホールディングスは2017年9月、資本・業務提携を発表。スシローGHDと元気寿司の経営統合に向けて協議すると発表していました。

 1年半にわたって協議を続けましたが、スシローGHDと元気寿司は「両社の国内市場における将来的なブランド戦略の違い、海外市場、特にアジア地域における店舗展開方式の違いなどが明確になった」と説明。「経営統合するよりも、独立した企業としてそれぞれの戦略を独自に且つ柔軟に推し進めていくことが両社の企業価値を高めるために最適であるとの結論に至った」と、経営統合を白紙にすることになりました。

photo 統合協議中止の理由を説明(スシローGHDのIR資料より)

 提携解消に伴い、神明ホールディングスは保有するスシローGHD株式の一部を売却するものの、残りは継続保有するとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.