ニュース
» 2019年06月19日 15時46分 公開

高級ブランドの“会長”名乗るTwitterアカウントが凍結 高級ブランド側は「一切関係ない」とコメント

Twitter社と高級ブランド側に取材。

[イッコウ,ねとらぼ]

 Twitter上でたびたびトレンド入りしていた高級ブランドの「会長」を名乗るアカウントが、19日に凍結されました。このアカウントは、「フォロー&リツイートで現金やギフトカードをプレゼントする」などの企画を行い、広く拡散されていました。


画像 問題のアカウント(モザイク処理は編集部によるもの)

 このアカウントは2013年に開設され、2019年1月末に懸賞企画を行ったことで多くの人に知られることに。その後も「RT&フォローした人の中から100人に現金100万円をプレゼント」「フォローRTした人『全員』にギフトカード1500円分をプレゼント」などとするツイートを続けていました。凍結直前にはフォロー数が300未満だったにもかかわらず、フォロワー数が33万に到達していました。

 実際「ギフトカードを受け取った」という人は複数いたものの、「全員配布と宣言していたのにギフトカードがもらえなかった」「100万円をもらった人が全くいない」など、その手法を疑問視する声も多数。数十万単位のフォロワーを持つTwitterアカウントが高額で売買される例もあることから、「アカウント売却のためにフォロワーを稼いでいるのでは」との見方もあがっていました。


画像 「全員にプレゼント」とうたったツイートモザイク処理は編集部によるもの)

 このアカウントの凍結以前にねとらぼ編集部が高級ブランド側に取材したところ、「このアカウントはブランド側と一切関係ない」「Twitter社に対応を依頼している」との回答でした。

 また、Twitter社に対し「(このアカウントのような)実態が不明瞭なアカウントが現金の懸賞企画を行う例があるが、規約上問題はないのか」と問い合わせていましたが、Twitter社は「個別の案件についてお答えすることができません」とし、具体的な回答を得ることができませんでした。

 ZOZOTOWN前澤社長のお年玉企画以降、同様の手法で現金配布企画を宣言するアカウントが続々と登場していますが明確に立場を明かす例は少なく、そのほとんどに「実際は配布していないのではないか」と疑問の声があがっています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた