ニュース
» 2019年06月20日 11時00分 公開

集英社がチャットノベルアプリ「TanZak(タンザク)」を始動 テキストをタップして物語を手軽に読める

ジャンプ作品のノベライズや、コバルト文庫を手軽に。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 集英社が、チャットツールのように物語を読めるスマートフォンアプリ「TanZak(タンザク)」を配信開始しました。同社のコバルト文庫やオレンジ文庫といったレーベルの小説や、『週刊少年ジャンプ』作品のノベライズなどを手軽に楽しめます。


イメージ チャットツール形式で物語を配信

スタンプ 作品によってはスタンプを使った演出も

 近年広まりつつある「チャットノベル」アプリ。横書きのテキストをタップすると続きが表示される、スマホに最適化された形式です。TanZakでは、全作品を1話3分程度で読める長さ(約1200〜2000字程度)に区切り、会話風の形式で配信するとのことです。


ストア ストアのイメージ

応援 スタンプで作家を応援する機能も

 コンテンツは『JUMP j BOOKS』『集英社コバルト文庫』『集英社オレンジ文庫』『スーパーダッシュ文庫』『ダッシュエックス文庫』のベストセラーを中心に、40作品からスタート。スタンプや画像など、チャットノベルならではの表現を盛り込んだオリジナル作品も用意されています。


配信作品配信作品

配信作品配信作品配信作品 掲載作品の一部。オリジナルコンテンツには、『銀魂』のノベライズや吉本新喜劇の脚本を手がける大崎知仁さんや、スマホ発の小説『通学』シリーズのみゆさんが参加する予定

 全作品は冒頭無料で、アプリ内通貨の「コイン」を支払うと続きが読める仕組み。定期的に付与される無料コインも使えます。また、一度読んだ話は72時間読み返せます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10