レビュー
» 2019年06月21日 11時55分 公開

内野聖陽の神演技「きのう何食べた?」10話 ごはんを題材にして描き出す、“家族”を大切にする方法(1/2 ページ)

食卓が幸せなのは、ごはんがおいしいからだけじゃない。

[大山くまお, イラスト:たけだあや,ねとらぼ]

 「キライになったでしょ、俺のことっっ!」

 「……」

 「普通ひくよねっ! 心の狭いこと言ってるってわかってる。自分も浮気したことあるくせに、シット深いって最低だよね!」

 「ケンジ!」

 「う゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!」

 迫真の演技で視聴者を引き込むケンジ役の内野聖陽。それをしっかり受け止めるシロさん役の西島秀俊。ドラマ24「きのう何食べた?」が単なる“飯テロドラマ”なんかじゃないことが、はっきりわかるシーンだった。“ごはん”を題材にして、何かを見ている人たちに伝えようとしている。だから、こんな芝居が飛び出すのだ。

 先週放送された10話は、好きな人同士が一緒になって出来上がった“家族”というものは、実は脆くて壊れやすいものだということと、壊さないようにするにはどうすればいいのかということがくっきり描かれていた。


きのう何食べた? 好きな人同士の“家族”を壊したくない イラスト/たけだあや

溢れ出るケンジの想い

 冒頭のやりとりは、シロさんに小日向さん(山本耕史)と2人きりで食事に行かないでほしいとケンジが懇願する場面。過ちなんてあり得ないと一笑に付すシロさんだが、ケンジには同じようなケースで浮気をして、そのときの恋人と別れてしまった過去があった。

 シロさんのことが好きでたまらない。シロさんのことを失いたくない。ケンジはこれまでシロさんと何度も何度も食卓を囲み、そのたびに「幸せ」を噛み締めていた。シロさんを失うことは幸せを失うことだ。

 嫉妬、疑い、怯え、自己嫌悪……さまざまな負の感情がとめどなく溢れ出てしまうが、シロさんは逃げずにガッシリと受け止める。ハグやキスだと嘘っぽいが、肩を抱くところにシロさんの包容力を感じる。女らしいとかヒロインとか乙女心とかじゃなくて、男と男、人と人。何も言わず、ケンジの要望どおり小日向さんに断りの電話を入れるところも優しい。

 中江和仁監督は1〜3話までの控えめな演出とはうって変わって、内野聖陽の演技を真正面からのカメラで捉えていた。ケンジの感情がより一層ストレートに視聴者に伝わっていたことと思う。

 それでいて、開始10分頃にこのシーンを持ってくるという構成の妙も見逃せない。クライマックスだからといって、ドラマの終盤に置くのはちょっと重い。深夜の食事で胃もたれするようなものだ。ドスンという気分ではなく、ふんわりとした気分で床につきたいのが週末の気分である。実際この後、シロさんとケンジは柔らかい日差しの中で、ふんわりしたクレープを頬張って幸せを噛みしめるのだ。


きのう何食べた? 10話の見どころ。ケンジ役の内野聖陽の迫真の演技。女らしいとかヒロインとか乙女心とかじゃなくて、男と男、人と人、ケンジとシロさんのかけがえのない関係が強く刻まれた イラスト/たけだあや

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる