ニュース
» 2019年06月21日 13時03分 公開

Twitterが「位置情報の共有」をカメラ使用時に限定 「必要ない」の声を受け

文章のみのツイート時など、カメラ機能を使わない場合は位置情報をタグ付けできなくなります。

[ねとらぼ]

 Twitter社は6月21日、Twitterにおける位置情報の共有機能を見直しを発表しました。今後ツイートに位置情報を追加できるのは、カメラ機能を使う場合のみに限定するとしています。

Twitter Japan公式アカウントの発表

 Twitterでは設定で「位置情報」をオンにした状態で、ツイート時に位置情報アイコンを押すと、現在地の緯度と経度に加え、市町村名や地区名を選択してタグ付けすることができます。

位置情報アイコン

 しかしツイートに詳細な位置情報をタグ付けする必要はないという声を多くの利用者から受け、機能の範囲をしぼることに。「その場所での出来事を共有したい」というニーズにマッチしているという理由で、Twitterカメラを使う場合のみ位置情報を追加できるようになります。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.