ニュース
» 2019年06月24日 15時36分 公開

セルラン操作目的の不適切取引が発覚したコロプラ、株価が急落

新作タイトルに絡み、取引先に金を渡して課金を要請したとのことです。

[観音崎FP,ねとらぼ]

 2019年6月24日の株式市場で、コロプラ(東証1部)が急落。終値は前週末比42円安(-5.97%)の662円でした。前週末に従業員の不適切取引が発覚し、今後の影響を懸念した投資家による売りにつながったようです。

フォト 6月12日にリリースされた「最果てのバベル」(公式サイトより)

 コロプラは21日、従業員による不適切な取引が明らかになったと発表。役職者を含む従業員2人が関与し、スマートフォンアプリのセールスランキング(セルラン)の操作を目的に、自社の費用850万円でゲームタイトル「最果てのバベル」に課金するよう取引先に依頼し、取引先が6月13日に課金を実施したとのことです。

フォト コロプラの21日の発表(IR資料より)

 「最果てのバベル」は6月12日にリリース。著名クリエイターが参加するRPGで、収益性が低下しているコロプラとしては、開発タイトルを厳選した上で投入した期待の作品です。

 コロプラによると、過去の同様の取引は現時点では確認していないとのことですが、第三者を含めた調査委員会を設け、厳正かつ徹底した調査を実施するとのことです。その上で関与した従業員に対する処分も行うとしています。

フォト コロプラの株価推移(Yahoo!ファイナンスより)

 スクウェア・エニックスと「ドラゴンクエストウォーク」を共同開発するニュースなどで一時上昇していたコロプラの株価ですが、その後下落し、株式時価総額は1000億円を再び割り込んでいます。24日終値ベースでは約856億円です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.