ニュース
» 2019年06月24日 16時00分 公開

ヒーローショーの聖地「シアターGロッソ」の裏側でセクハラとパワハラ? ヒーローショーのお姉さん中山愛理さんが告発 運営会社「事実確認中」

運営会社の東京ドームに取材しました。【追記あり】

[ねとらぼ]

 ヒーローショーの聖地でセクハラやパワハラが常態化していた――ヒーローショーを上演する劇場「シアターGロッソ」でヒーローショーのお姉さん(MC)を務めていた中山愛理さんの告発に、特撮ファンの間で大きな衝撃が走っています。

シアターGロッソ シアターGロッソの“ヒーローショーのお姉さん”が、Twitterでセクハラとパワハラを告発(画像はWebサイトから)

度重なる嫌がらせ、セクハラ

 中山さんは6月23日、自身のTwitterでシアターGロッソのお姉さんを5月8日のゴールデンウイーク公演をもって卒業したと発表。続けて卒業の理由を説明しました。

 中山さんによると、シアターGロッソにMCとして入った当初から、あいさつの無視や握手会中の水掛けなどの度重なる嫌がらせや、男性器のあだ名呼びや胸やお尻を触るなどのセクハラがあったといい、その環境の中で1年近く働いていたものの、ゴールデンウイーク明けに「力不足なのでもう来なくていいです」と宣告されたと明かしました。

 中山さんは「わたしの力不足に間違いありません」「しかしそれ以上に許してはいけないことが沢山ありました。特に性的な嫌がらせは、気にしていない、怒っていないフリをし続けなければいけませんでした。お客様のおかげでお仕事は楽しかったけれど、胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です」とコメント。

 環境の中で心と体が消耗し、「本当にボロボロ」の状態だったことから、チェンジ(MC変更)は納得がいかないわけではないとしつつも、「そういう業界だから」と流されるのではなく、改善や自浄作用がなされることを求めています。

「シアターGロッソ」運営「事実確認中」

 ねとらぼ編集部は、シアターGロッソを運営する東京ドームに取材しました。広報IR室の担当者によると、中山さんのSNSでの告発については「問い合わせもあり、把握しています」とのこと。「現在事実確認を行っております」といい、現時点では詳細をコメントできないとしています。

 また、今後公式サイトやSNSなどで今回の告発についてコメントを出すかについては「現在のところは未定です」と回答しました。

6月25日追記

 24日夜、東京ドーム、東映がコメントを発表しました。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.