ニュース
» 2019年06月24日 20時00分 公開

「メタルギア!?」「ハウルの動く重機」 自分の足で「歩く」旧ソ時代に生まれたロシアの超大型重機が話題に

ここに住みたい。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 自分の足でドスンドスンと歩いて移動するロシアの超大型重機が「かわいい」「ハウルの城みたい」と、Twitterユーザーの間で話題になっています。

ロシアの歩く重機 自分の足で歩くロシアの超大型重機

 重厚感たっぷりに歩く超大型重機の正体は「ウォーキング・ドラグライン」と呼ばれている、炭鉱などの鉱山地帯で活躍している掘削用の大型マシン。主に米国、ロシア、英国の工業メーカーが生産しています。

 注目を集めるきっかけとなったのはTwitterユーザー・Goriva(@Goriva)さんが投稿した動画で、元となった映像はYouTubeで公開されています。

Goriva(@Goriva)さんが投稿した動画の元となった映像
作業の様子を撮影したビデオ

 動画を見た人からはジブリ映画「ハウルの動く城」に登場した歩く城っぽいというコメントや、ゲームクリエイター・小島秀夫が生んだ名作「メタルギア」シリーズに登場したメカっぽいというコメントが見られたほか、太い足でドスンドスンと地面を踏みしめて移動する姿がかわいいといった声も。こういうの好きな人にはたまらないですよね。

ロシアの歩く重機 この太い足で移動します
モデルの違うウォーキング・ドラグラインの映像
ロシアの歩く重機
ロシアの歩く重機

 このウォーキング・ドラグラインは、1933年に旧ソ連における工業用の国営企業として創業し、のちにT-34戦車などの生産も行った「ウラルマッシュプラント」が開発・製造した「ESH 6/45」とみられます。

 ウラルマッシュプラントは、1992年に一般企業となってからロシア最大のエンジニアリング企業グループ「OZM」の傘下となって、現在も工業製品の製造を続けていますが、製品一覧を見る限りでは同型期はすでに生産していないようです。

ロシアの歩く重機 ウラルマッシュプラントのウォーキング・ドラグライン

 しかし、調べてみるとモスクワの業者が1986年製の同型機(No.不明)を修理してリース業を行っており、ロシア圏ではまだまだ現役で活躍しているようです。

ロシアの歩く重機 モスクワのリース業者のサイトでは1986年製の同型機がラインアップ

 さらにロシアの産業ポータルサイトでは、1989年製の同型機(No.319)が約1880万円(1100万ルーブル)で売りに出されていました。思わず二度見しましたが、どうやら間違いではないようです。

ロシアの歩く重機 ロシアの産業ポータルサイトで売りに出されていました

春山優花里

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」