ニュース
» 2019年06月25日 22時00分 公開

まるで「FF7」のミッドガル 工場地帯の夜景を空撮した写真がファンタジー

工場が住みたくなるような憧れの場所に……。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 ドローンで空撮した工場の写真が異世界のような美しさを放ち、「ファイナルファンタジー7」に登場する都市ミッドガルのようだと話題を呼んでいます。撮影したのは写真家の小林哲朗(@kobateck)さん。


美しい工場の写真 ドローンで空撮した苅田町の工場地帯

 小林さんのドローンでの空撮は、苅田町(福岡県)から特別な協力を得て行ったもの。日が落ちて辺りが暗くなると工場に点る明りが幻想的な風景を作り出し、あまりの美しさに足を踏み入れたくなる衝動にかられそうです。


美しい工場の写真 カラフルな工場の明かりが幻想的

美しい工場の写真 工場の明かりは、そこで人が働いている証拠

 小林さん曰く、夜間の工場の明かりは、そこで人が働いることを実感させてくれ、演出のために点灯しているわけではないところに良さがあるのだそうです。また、工場は日没前に明りがつきはじめ、日が沈んでから30分後くらいが最も味わい深さが出るのだとか。


美しい工場の写真 夕暮れ時にセピアカラーに染まる工場

 小林さんの写真には多くの人が「CGかと思った」「現実の写真? 幻想的すぎる」「完全にファイナルファンタジーのミッドガルの絵かと思った」と、感嘆の声を寄せています。

 小林さんは、 廃墟、工場、地下、巨大建造物など身近な異世界をテーマにした写真を撮影しており、工場の夜景写真を収録した写真集『夜の工場百景〜ドローン空撮写真集〜』を発売しています。

画像提供:小林哲朗(@kobateck)さん


マスミ・メイアー



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.