ニュース
» 2019年06月25日 11時13分 公開

トヨタの全販売店で全車種が購入できる 併売化、20年5月に前倒し

最大5年前倒しします。

[ねとらぼ]

 トヨタ自動車は6月24日、全販売店での全車種併売化の計画を、2020年5月に前倒しすると発表しました。これまでは22年〜25年をめどに行うとしており、大幅な前倒しとなります。

フォト アルファードはトヨペット店で販売
フォト ヴェルファイアはネッツ店で販売

 現在は「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」という4つの販売系列ごとに分かれ、それぞれの客層に合わせた専用車を用意しています。20年5月以降は、国内6000店舗のどの販売店でも全車種を購入できるようになります。

フォト トヨタには4つの販売系列がある(トヨタのWebサイトより)

 日本市場では車の販売台数が頭打ちの状態。少子高齢化で今後の販売拡大も見込めない中、「全国どの店舗でも、クルマや移動に関するあらゆるサービスを提供することで、お客様のニーズにさらに寄り添う」のが狙いです。

 また、カーシェア事業についても、販売店だけではなく、レンタリース店にも適用を拡大していきます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.