ニュース
» 2019年06月25日 21時30分 公開

部屋中どこでもワイヤレス充電できる技術、東大が開発

部屋全体に発生させた磁場を、機器側の受電装置で電気に変える仕組み。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 東京大学の研究グループが、部屋の全域でスマホなどの機器をワイヤレスで充電する実験に成功しました。実用化されれば、部屋に入るだけでスマホを充電できる未来が。


ワイヤレス充電 一見すると普通の部屋だが、よく見ると電線がコンセントにつながっていないのに、電灯が点灯している

ワイヤレス充電 実は、部屋に発生した磁場を受けて光る装置がシェード内に仕込まれていた

 研究グループは「マルチモード準静空洞共振器」なる送電器構造を考案しました。これは、磁力を発生する板を部屋の壁と床に埋め込み、部屋全体に磁場を発生するもの。磁力を電気に変える装置を機器側に装着すれば、充電ができる仕組みです。


ワイヤレス充電

ワイヤレス充電 部屋中央の柱から磁場を発生するシステム(関連記事)は既にありましたが、今回の研究では磁場の発生源を壁や床へ設置。じゃまな柱がいらないうえに、部屋の全域にムラなく給電できるメリットもあるそうです

 実験では3メートル四方の部屋にシステムを実装し、スマートフォンや照明への給電に成功。この手法は数十ワット程度の電力を広範囲に送れるため、電源の確保が課題となっているIoTシステムへの応用が期待されています。今後は給電範囲の拡大やシステムの高効率化に取り組むとともに、実用化を目指すとのことです。


ワイヤレス充電 コイルを備えた受電装置をスマホに装着

ワイヤレス充電 部屋の中ならどこにいても充電可能

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.