ニュース
» 2019年06月26日 15時28分 公開

精巧すぎる月のレプリカ登場 スマホをかざすとARで月の情報が浮かぶスペースロマン

あなたの推しのクレータはどれ?

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 めちゃくちゃ精巧な月のレプリカ「LUNAR Pro」が販売開始されています。米国航空宇宙局(NASA)の人工衛星写真を元に、死火山、クレーターなどの月の地形をリアルに再現。さらに、スマホをかざすとAR技術で月の情報が浮かびます。直径12センチで1.3kgと圧倒的な存在感です。

LunarPRo商品画像 LUNAR Pro

LunarPRo商品表面アップ ディテールを再現

 模型の制作には、月を周回するNASAの人工衛星ルナー・リコネサンス・オービター (LRO:Lunar Reconnaissance Orbiter) が撮影した極めて精度の高い写真が使われ、死火山・クレーターなどのあらゆる地形が再現されています。職人が手作業で彩色を仕上げており、インテリアとしても満足できるスペースガジェットです。

彩色の様子 職人が手作業で彩色

 衛星写真と同社の模型を見比べると、極めて細かいディテールが模型に反映されていることが分かります。

衛星写真との比較 衛星写真と比べても見分けがつかない精巧さ

表面のアップ 3Dプリントで制作されている

 AR(拡張現実)アプリを模型にかざすと、月に関する豊富なコンテンツがレプリカの上に浮かび上がります(iOS、Androidに対応。コンテンツは英語表記となります)。

アプリを使う様子 画像、映像とともに月に関するあらゆる興味深い事実、雑学が表示されます

アプリ画面 スマホ表示例

 直径12センチのProモデルに加え、直径8センチのRegularモデル、直径3センチのMiniモデルも販売しています。販売元は株式会社Gloture。同社ECサイト「GLOTURE.JP」にて購入することができます。販売価格は、Proが2万6800円、Regularが1万1600円、Miniが5900円(いずれも税別)です。

Pro大きさを示す写真 LUNAR Proサイズ

miniを手で持った写真 小さいサイズもあります

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる